テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

東大受験したオードリー春日も参戦!『ザ・タイムショック』新ルール採用で波乱

革新的な「2人同時タイムショック」を導入し、昨年春に『ザ・タイムショック』として復活して1年…。新たなクイズ形式を導入した同番組が、4月5日(木)に『ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦スペシャル2018春』として3時間スペシャルで放送される。

©テレビ朝日

今回は、過去優勝者の三浦奈保子と宮崎美子が出場するのはもちろん、『タイムショック』で優勝を経験している宇治原史規(ロザン)が『ザ・タイムショック』となってから初参戦する。

そして、前回の決勝で宮崎に敗れ初優勝を逃したカズレーザー(メイプル超合金)、クイズ王・やくみつる、安定した実力を誇る東大卒の菊川怜も参戦。

さらに、『パネルクイズ アタック25』で初優勝し新クイズ王候補として注目を集めるタイ人のワロドム・ジアムサクン、宇治原と同じ京大卒の山西惇、高いIQを持つ人だけが入れるというメンサ会員の若手俳優・岩永徹也ら強豪も挑む。

ダークホースとして注目されるのは、今年の東大受験に挑戦した春日俊彰(オードリー)だ。

©テレビ朝日

◆得意教科対決で大接戦!実力者が序盤で姿を消す!?

1回戦は、事前に行ったアンケートで同じ“得意教科”をあげた2人が対戦。「歴史」「地理」「英語」「スポーツ」「算数」「理科」などのジャンル別クイズで対決する。

得意ジャンルでの勝負だけあり、どの対決も大接戦。なかには優勝候補同士の対決もあり、実力者が序盤で姿を消す一幕も!? 得意科目による「1対1学力タイムショック」がいきなりの波乱を呼ぶ。

©テレビ朝日

さらに2回戦は、サッカーワールドカップなどでおなじみのグループリーグ制を初めて採用し、各グループの上位2名だけが準決勝に進出。この新ルールが、準決勝に進出する顔ぶれに大きな変化をもたらすことに!

はたして、優勝するのは誰なのか? 24名が繰り広げる熾烈な戦いは、最後の最後まで見逃せない。

なお、番組MCの中山秀征は、今回の番組について以下のようにコメントしている。

※中山秀征 コメント<全文>

「今回もすごいドラマが生まれました。想定外のことが起きましたし、今まで以上にすごい展開になったので僕も驚いています。いわゆる“夢の対決”もかなり実現したので、『これを見たかった!』と喜ばれる視聴者の方も多いのではないでしょうか。

『ザ・タイムショック』が毎回熱戦になるのは、限られた時間のなかで答えを絞り出すという集中力にあるのではないかと。限られた時間のなかで答えるというプレッシャーは他のクイズ番組にはないと思います。ましてや高い解答席で平常心を保つなど、いろいろな要素があるなかで戦わなければいけない。もっとも過酷ですよね。

僕はこの番組に司会として関われて良かったと思います。あのプレッシャーには耐えられないですから。それを解答者の皆さんは普通にトークもして笑いもあって、いざ椅子に座ったらタイムショックモードになる。すごい人たちの集まりだと尊敬しますね。

僕も大下さんがいるから安心して司会が出来ています。ただ2人して近くのものが見えなかったり、遠くが見えなかったり、問題点もあるのですが(笑)。

今回は1回戦から“夢の競演”が実現しております。最終的には過去にない終焉を迎える、すごい形で優勝者が決定します。往路と復路が違いますから。ぜひ全編ご覧になってください!」

 

※番組情報:『ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦スペシャル2018春』
2018年4月5日(木)よる7:00〜9:48、テレビ朝日系24

LINE はてブ Pocket +1