テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

沢村一樹、新感覚刑事ドラマで伊藤歩と初共演「斎藤工くんの顔がチラついた」

4月から設けられるテレビ朝日の日曜よる9時の枠「日曜プライム」。4月15日(日)の同枠で、情報とテクノロジーを駆使した新感覚刑事ドラマ『CHIEF~警視庁IR分析室~』が放送される。

©テレビ朝日

現代社会において、武器にも身を守る手段にもなりうる“情報”。

そんな“情報”という武器に対応するべく警視庁が立ち上げた「IR分析室」は、都内各所に何千と設置された防犯カメラ、そしてGPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進めるという名目で設立された最先端部署だ。

©テレビ朝日

しかし実際は、本来の設立趣旨とは異なり、捜査一課のサポート役、つまり“下請け”のようなポジションを担う日々…。

そんな状況を打破しようとするのが、沢村一樹演じる本作の主人公・深町功太郎。元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(チーフ)である深町が、部下で“バディ”の泉本乃梨子(伊藤歩)とともに、情報とテクノロジーを駆使した捜査と刑事らしい足を使った捜査で事件の真相を暴き出していく。

 

◆情報とテクノロジーを駆使し、暴き出す事件の衝撃的な真相

物語の発端は、都内の路上で建設会社社長が銃殺された事件。目撃者から証言を得るためにある男性と接触した深町は、その男性の妻が5年前に事故死していたことを知る。

しかし、男性は亡くなったはずの妻が生きているかもしれないと主張。殺人事件とは無関係の捜査に乗り出した深町は、やがてその妻だった女性がある人物に“なりすましていた”ということを掴む。

©テレビ朝日

一見無関係に思えた殺人事件と5年前の事件。しかし捜査を進めていくうち、意外な接点が次々と浮かび上がる。そして暴き出される、ふたりの女性の悲しい物語…。

「IR分析室」という最先端部署にありながらも、イチ刑事として自分の足を使い事件に向き合う深町たち。その先には衝撃の結末が待ち受けることに!

今作が初共演となる沢村と伊藤。ふたりが見せる息の合った芝居とテンポのいい掛け合い、そして“情報”という最先端のツールを使った捜査手法は、まったく新しい刑事ドラマの誕生を予感させる。

©テレビ朝日

なお、沢村一樹と伊藤歩は、本作放送に向けて以下のコメントを寄せている。

※深町功太郎役・沢村一樹 コメント

「台本を一読したときは『難しいストーリーなのかな』とも思ったのですが、物語が進むにつれてたくさん張られている伏線がだんだん繋がっていくので、映像になったときの面白さを感じました。

事件の本線だけでなく、そこに絡んでくるふたりの女性の物語も、視聴者のみなさんをドキドキさせるのではないでしょうか。

『IR分析室』という、架空の部署が舞台なのですが、捜査一課の捜査とはちょっと違った手法をとりますし、アプローチの仕方も違う。でも実は一課が見逃しているようなことも気付いたり、と演じていて新鮮で楽しかったですね。『IR分析室』のメンバーたちのキャラクターも個性的で面白いので、注目していただきたいです。

僕が演じる深町功太郎は、ふわっとしているのですけどその分、部下を信頼しているのだと思うんです。いろいろなタイプの上司っていると思うのですが、深町はぼんやりしているように見せかけてちゃんと目を配っている、という男ですね。

伊藤歩さんとは初共演なのですが、どうしても『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』での役の印象が強くて、斎藤工くんの顔がチラついてしまいました(笑)。あの役がすごく強い女性だったのですが、実際の伊藤さんは穏やかな方で、かわいらしい女性という印象です。芝居の前に伊藤さんとふたりでこれからやるシーンについていろいろ話をしたり…。ふたりで演技を作り上げるということが多かったですね。

たしかに最近は街中に防犯カメラも増えましたし、SNSなどの普及もあってプライバシーというものは減ったかもしれませんね。だけど犯罪の抑止力という面で言えば、必要なんだとは思いますし、警察組織がどのくらいそういったことを管理できるか、にかかってくるのではないでしょうか。

これからの時代に則したテーマの設定・ストーリーですし、深町が事件とはまったく違った部分の謎解きをし導き出す真実、にも是非注目していただきたいです」

※泉本乃梨子役・伊藤 歩 コメント

「本当にたくさんの伏線が張り巡らされていて、誰が犯人なのか最後の最後までわかりませんし、『見逃せない!』という要素がたくさん詰まっています。

私の演じる泉本乃梨子は、深町とは“バディ”のはずなのですが、ふらりとひとり旅のように捜査に出てしまう深町をちょっと怒りながら、でも一生懸命に熱い思いを持って事件に向き合っている女性です。

わたし、バラエティー番組などで言われている沢村さんのキャラを全く存じ上げなくて、今回の現場でもそのような場面ではその一面に遭遇できなかったので、私の中ではすごく紳士な方、というイメージなんです(笑)。アドリブなども一緒に考えてくださるので、その場で面白いものが生まれることも多く、とても良い方向に導いてくださる素敵な先輩です!

『CHIEF~警視庁IR分析室~』というタイトルを見ると、情報やテクノロジーを駆使した捜査、という印象ですが、実際は深町が足を使って自分の感覚で事件の真相に迫っていくという部分も…。両方のバランスがうまくとれたドラマになっていますのでお楽しみに!」

※番組情報 :『日曜プライム』ドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室~』
2018年4月15日(日)午後9:00〜11:05放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事