テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

伊藤歩、市原隼人から「また『好きです!』と言ってもらえるよう頑張る」

毎週“想定外”のセンセーショナルな展開で話題を巻き起こしている土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』。同作がこのほどクランクアップを迎え、主人公・松尾亮役の市原隼人、ヒロイン・里川茜役の伊藤歩が最終章のみどころを語った。

©テレビ朝日

『明日の君がもっと好き』は、恋愛に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原隼人)、ダメ男とばかり関係を持ってきた秘書・里川茜(伊藤歩)、自身の性的アイデンティティーに悩む丹野香(森川葵)、ウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅)という4人の男女に茜の妹・黒田梓(志田未来)が加わり、激しくも切ない恋愛模様を繰り広げてきた新感覚のヒューマンラブストーリー。

一筋縄ではいかない人間模様や濃密なセリフが大きな注目を集めてきた。

 

◆最終章は、今までのドラマの概念が変わる?!

最後の撮影シーンは、亮と茜が夕方、下町の公園でそれぞれの思いを語り合う場面。この日は冷え込みが厳しく、日が傾いていくにつれて気温もどんどん下がっていったが、市原と伊藤は微塵も寒そうなそぶりを見せず、真剣なシーンを熱演。

最後のカットが終了し監督から「OK!」の声がかかると、現場では大きな拍手がわき起こり、2人は「お疲れさまでした!」「皆さんありがとうございました!」とスタッフに感謝。その後大きな花束が贈られると、笑顔でガッチリ握手&ハグを交わし、互いに3カ月間の健闘をたたえ合った。

●市原隼人(松尾亮役)コメント

――クランクアップを迎えた気持ちは?

「なんとも言えない気持ちです。これは、人生で初めての感覚です。真剣に役と向き合ってきましたが、亮のバックグラウンドや真髄などもう少しつかめることがあったのではないか、まだ出会えていないものもあるのではないかという、悔しい思いがあります。

でも逆にいうと、それはこのドラマの可能性。これほどデカい器の中で演じさせていただき、これ以上幸せなことはないなと思っています。僕にとって間違いなく忘れられない作品です。この糧を大切に、役者としてこれからも作品と向き合っていきたいと思っています」

――3カ月間、伊藤歩さんと共演して感じたことは?

「今回、歩ちゃんと共演できてすごくうれしかったですね! 役者って経験や知識を得ると壁を作ってしまいがちなのですが、歩ちゃんといるときは壁など一切ない、素の自分でいられる気がします。繊細にも大胆にも周囲を見ることができるその“ふり幅”がすごく好きですし、教わることも多かったな。ぜひまた一緒にやりたいです!」

――最終章のみどころは?

「今までのドラマの概念が変わると思います。皆さんがこれまで見たこともない衝撃が走るのではないでしょうか。ひとつひとつの物語の結び方や表現をぜひ堪能していただければと思います」

●伊藤歩(里川茜役)コメント

――クランクアップを迎えた気持ちは?

「ただただ、勉強になったな、という感覚です。自分の知らない世界が世の中にはたくさんあることを学びましたし、この作品自体も自分がこれまでに出会ったことのないものでした。私の想像をはるかに超えた作品だったので、自分の中の点と点を線として結んでいくかを日々とても考えました。最後の最後まで考えさせられたし、最後の最後まで考えさせられ、気の抜けない現場でしたが、こうして世界観が作られていくのかと勉強になりました」

――3カ月間、市原隼人さんと共演して感じたことは?

「今回、11年ぶりに“いっちー”とご一緒させていただきましたが、以前とは全く別人のように感じたんです。会わない間に人間としても役者としてもいろいろな経験を重ねられてきたんだなと思いましたし、全く違う顔を見ることができて嬉しかったですね。

また共演の機会が巡ってくることを信じて、それまでに私も成長して、またいっちーから『好きです!』と言ってもらえるように頑張ります(笑)」

――最終章のみどころは?

「最終章は登場人物たちひとりずつのターニングポイントが色濃く描かれていて、それぞれの通過点を過ぎていきます。けれど、“今までの総まとめです!”という感じの最終章ではないので、本当に気を抜かずに見ていただきたいですね。見終った後、絶対に“あのドラマ忘れられないな”という気持ちになれると思います!」

3月3日(土)に放送された「第六章」では、相手を強く意識しながらもすれ違いを深めていく彼らの姿が描かれたが、3月10日(土)オンエアの「最終章」ではいったいどんな結末を迎えるのか…!? 衝撃のラスト、見逃せない!

※番組情報:土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』最終章
2018年3月10日(土)よる11:20~深夜0:14、テレビ朝日系24局
(通常より15分遅れのOAです)

LINE はてブ Pocket +1