テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

あの“イケシオ”ペアが一夜限りの復活!潮田玲子、たけしの名解説に「すごく嬉しい」

3月11日(日)に2時間スペシャルで放送される『ビートたけしのスポーツ大将』。今回の「バドミントン対決」では、あの“イケシオ”ペアが一夜限りで復活する!

©テレビ朝日

2011年の全日本総合選手権混合ダブルスで優勝、2012年ロンドンオリンピック混合ダブルスに日本代表として出場した池田信太郎と潮田玲子のペア。当時のバドミントンブームを牽引した人気ペアだ。

そんな2人に挑戦するのは、昨年の全国中学校バドミントン大会の団体戦で猪苗代中学(福島)の連覇に貢献、女子ダブルスでも準優勝した廣上瑠依さんと山浦波瑠さんという15歳ペア。この通称“ヒロヤマペア”が4点のハンデをもらい、11点先取の1セットマッチで戦いを挑む。

©テレビ朝日

2012年のロンドンオリンピックの後、ジャパンオープンでプレーして以来5年ぶりのペア復活となったイケシオ。

解説の陣内貴美子に「ブランクがかなりありますね」と心配されると、潮田は「子供を2人も生んでいますし、ハンデはあげたくなかったです。“ガチンコでやりたい!”と思ったのですが、こちらはパートナーが男性なので仕方がないかな」と不安を口にする。そんな潮田に対し池田は、「潮田が本気になって頑張るハンデは4点ぐらいと思って」と、2度目の出場とあってか余裕のコメント。

池田の予想通り、4点のハンデが効果を発揮してか、それとも中学生ペアの予想以上の実力のおかげか、試合は白熱の大接戦に! 勝つのは、怖いものなしで挑んでくる中学生ペアか、徐々に現役時代のコンビネーションを取り戻したイケシオか?

陣内貴美子に「私がしゃべることがない!困る!」とまで言わしめたビートたけしのバドミントン解説も見どころだ。

 

◆ビートたけし コメント

「イケシオペアはいい男と美人のペア。映画が撮れそうだね。潮田さんはハンデがきついと言っていたけど、子供2人を背負って戦ってもいいんじゃないかと思ったよ。バドミントンは試合が始まって相手の弱点がわかるからね。どっちが勝つかは全く予想がつかないよ。

バドミントンに詳しいって褒められたけど、おいら、バドミントン界の重鎮と言われているから(笑)。新沼謙治の前座もやったことあるし。

イケシオペアはベテランらしく相手の隙をつくのがうまいけど、バドミントンは最後にダメ押しして勝つまではわからないからね。ちょっと油断すると一気に挽回されて負けちゃうから。どっちにしてもイケシオは4点差で負けたらみっともないよなぁ(笑)」

 

◆潮田玲子 コメント

「池田選手とのペアは久しぶりでしたが、現役のころを思い出しました。もっとやりたかったと思うぐらい楽しかったです。でも11点先取の1セットマッチで良かったです(笑)。中学生ペアは球が重かったですね。レシーブも思ったより食い込まれる感じだったので、しっかり対応しなきゃと思いました。自分が中学生のころより絶対に強いと思います。

たけしさんはバドミントンに詳し過ぎて、本当によく見ていらっしゃるなという印象でした。バドミントンは組み立てが大事で、いくらスマッシュが良くてもそれを生かす配球とか、コンビネーションが重要なんです。そこを指摘されていたので、本当にすごいなと。スマッシュの前の球がいいんだよ、と言われた時はすごくうれしかったですね(笑)」

 

◆池田信太郎 コメント

「今日は後半競り合いになった時に練習してきた形が出てきて気持ち良かったですね。最初は遠慮がちに“潮田、前だよ”と言っていたのが、後半は“潮田、前!前!”って(笑)。現役の時のような声がけやスピーディーな動きが出来たし、頭の中の切り替えも当時の感覚が蘇って懐かしかったです。少しだけ時代がタイムスリップした感じでした。

たけしさんの解説はポイントを取った場所だけでなく、その前のラリーとか2人の気持ちとか広い視野で捉えていましたね。

バドミントンは男子も女子もメダルの可能性があるので、これからの世代は目標も立てやすいと思います。国内の競争は厳しいと思いますが、その分精神面で強くなったり、パートナー同士で同じビジョンを持てなければ勝ち抜くことは困難だと思うので、協力しながら一つの目標に向かって頑張ってもらいたいです」

※番組情報:『ビートたけしのスポーツ大将
2018年3月11日(日)よる6:57~8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事