テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

萩原聖人、木村拓哉と『BG』で久々の共演!昔のドラマ世代へ「恩返しになれば」

木村拓哉が武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”を演じる木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』

さまざまな警護対象者を、木村演じる島崎章ら身辺警護課のボディーガードたちがいかにして護っていくのか――毎回息もつかせぬ攻防戦から目が離せない同ドラマも、まもなく最終章! クライマックスに向けて怒涛の展開が繰り広げられていく。

3月1日(木)放送の第7話では、章は6年前に別れた妻・仁美(山口智子)から警護を依頼される。一度は他のメンバーに任せようとするものの、みずからが引き受けることを決意。“元夫婦”という微妙な関係ながらも、章は終始仕事に徹する姿勢を貫こうとする。

木村と山口が見せる、“元夫婦”というちょっと複雑な間柄。22年ぶりに再共演するふたりがどんな掛け合いと演技合戦を見せるのか注目だが、同時に第7話では、今後の展開を大きく左右する出来事が起こってしまう!

 

◆第7話、鍵を握る男を演じるのは萩原聖人!

©テレビ朝日

その出来事の鍵を握る男・植野を演じるのは、萩原聖人。民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の元秘書で、過去に五十嵐とは因縁のある人物だ。どうしてももう一度話がしたい植野は、五十嵐が愛子(石田ゆり子)と会っていた店に潜り込み、なんとか面会の許可を得ようとする。

そこに居合わせることになってしまった章と仁美。すると、事態はまったく思いもよらぬ方向へ…!?

すでに2月22日(木)放送の第6話にも登場している萩原だが、その登場シーンがオンエアされると視聴者からは大きな反響が! 木村と萩原の共演に、1994年にフジテレビ系で放送されたドラマ『若者のすべて』を思い出したファンも少なくなかったようだ

今回の『BG~身辺警護人~』出演に萩原は、「まさかこんなに反響があるとは!」と驚きを隠せない様子。木村との久々の共演となった時間もとても楽しんだようだ。

第7話、そして今後のストーリーにも大きな影響を及ぼすことになる萩原演じる植野。彼はどのような形で登場し、どんな行動を起こすのか?

 

◆萩原聖人 コメント

第7話では、僕が演じる植野がとても大きな出来事を引き起こしてしまうんです。結果的に今後の物語の展開を大きく左右してしまうポジションなのですが、台本を読んだときは「え、僕がそんなことをしてしまってもいいの!?」とびっくりしてしまったくらいです。

先週放送の第6話から出させていただいたのですが、反響があったそうですね。きっと今回、そういった反応をしてくれたのって、昔ドラマを楽しんでいた世代の方々なのではないでしょうか。楽しみにしているドラマの日は急いで家に帰ってドラマを見て、次の日の学校や職場ではその話題で盛り上がって…。

僕の出演が、そうやってドラマを楽しんでくださっていた方々への恩返しになればいいな、とは思います。

木村さんと最初に共演してから20年以上が経ちましたが、お互い年齢を重ね、今回共演できたのはとても嬉しかったし、楽しかったです。久しぶりに会ったけど、会話の内容は昔とあまり変わらなかったですね(笑)。

でも今回、このように反響をいただいたことで、みなさんの記憶に残るような作品を作ることができていたことはとても誇りに思いました。同時に我々役者も、これからもっと面白いドラマを作って、ドラマを楽しみにしてくれるような“ドラマ世代”を作りたい、とあらためて感じました。

第7話では、僕らの過去を懐かしく思い出していただきつつも、『BG~身辺警護人~』の世界観にどっぷり浸かり、物語を存分に楽しんでいただけたら嬉しいです!

※番組情報:『BG~身辺警護人~』第7話
2018年3月1日(木)午後9:00~10:04放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1