テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

黒木瞳、前田敦子ら超豪華共演キャスト決定!アガサ・クリスティ二夜連続ドラマ

3月24日(土)・25日(日)に、テレビ朝日が視聴者を華麗な謎解きの世界に誘う『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』

©テレビ朝日

◆第一夜、並走する列車の車窓から殺人現場を目撃…天海祐希が謎を追う!

その第一夜に放送されるのが、『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』。同作は、並走する列車の車窓から殺人現場を目撃する…というドラマチックな幕開けが印象的なアガサ・クリスティの傑作ミステリーをドラマ化したもの。

日本版を制作するにあたって、クリスティが生んだ人気キャラクター“ミス・マープル”を、元敏腕刑事にして危機管理のプロ・天乃瞳子(あまの・とうこ)として大胆にアレンジ。天海祐希がその“和製ミス・マープル”を演じ、消えた死体の謎を追う!

そんな瞳子の捜査への情熱を駆り立てたのは、草笛光子ふんする義母・雀(すずめ)。雀は、車窓から殺人を目撃し、物語のきっかけを作る重要な人物。演じる草笛はかつてミス・マープル役の吹き替えを手がけたことがあり、アガサ・クリスティ作品とは深い“縁”を持つ女優だ。

そして、瞳子の指示を受け、死体が投げ込まれたと思われる豪邸に潜入するスーパー家政婦・中村彩を演じるのは、前田敦子。家事も捜査もそつなくこなし、瞳子の右腕となって事件の謎をひも解いていく女性をはつらつとした演技で表現する。

また、疑惑の豪邸に暮らす美貌の長女・富沢恵子役で原沙知絵、瞳子の動きを苦々しく思っている警視庁参事官役で橋爪功が出演。さらに、豪邸で我がまま放題にふるまうワンマン会長・富沢信介役で西田敏行が“怪演”を見せる!

このほか、石黒賢、勝村政信、鈴木浩介、桐山漣、黒谷友香らが出演。ミステリーの女王が紡いだ傑作を緻密な演技で築き上げていく。

 

◆第二夜、豪華絢爛なパーティーで起きた殺人事件!狙われたのは大女優・黒木瞳か

そして第二夜放送の『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』は、アガサ・クリスティが1962年に発表した傑作ミステリー『鏡は横にひび割れて』が原作の作品。

ハリウッドでも1980年に『クリスタル殺人事件』として映画化されており、同作で主演のエリザベス・テイラーが演じた役柄を、このドラマスペシャルでは“綵まど香”として黒木瞳が演じる。

『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』の幕開けは、映画界の大物女優・綵まど香(いろどり・まどか)が開いた豪華絢爛なパーティーで起きたひとつの殺人事件。犯人の標的はまど香だったのではないかと見られるなか、第2、第3の殺人が起きていく…という謎多き連続殺人を、ミステリアスに、そしてスリリングに描いていく。

何者かに脅迫を受けていた大物女優、そして彼女を取り巻く、一癖も二癖もある怪しい人物たち。容疑者だらけで捜査が難航するなか、沢村一樹演じる警視庁捜査一課の警部・相国寺が事件の謎を鮮やかに解き明かしていく。

そんな物語を彩るキャスト陣も見どころ。黒木演じる女優・綵まど香のライバルで、因縁の仲である女優・朝風沙霧役には財前直見。まど香が開いたパーティーに呼ばれもしないのに現れ、辛らつな言葉を浴びせかける役どころだ。女優同士の静かな火花、そして彼女たちを取り巻く深い因縁も、物語のキーポイントとなっていく。

そして、昨年3月にテレビ朝日で放送された二夜連続ドラマスペシャル、アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』でも相国寺とコンビを組んだ刑事・多々良伴平を演じるのは荒川良々。

女優・綵まど香に興味を持ち、密着取材を続ける若きカメラマン・谷口小雨役には川口春奈、朝風沙霧が所属するプロダクションの社長・段原平臣役には津川雅彦、まど香の夫で映画監督でもある海堂粲役には古谷一行が決定し、各人が作中でその怪しさを存分に発揮する。

ほかにも、八嶋智人、中原丈雄、水沢エレナ、平岩紙といった豪華俳優陣が名を連ね、アガサ・クリスティの世界に彩りを与える。

※番組情報『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル
第一夜『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』
第二夜『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』
2018年3月24日(土)、25日(日)午後9:00~11:10、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket +1