テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

劇団四季の秘密をキャストが解説!関ジャニ∞とディズニー曲でバンドセッション

音楽にまつわる様々なトピックを毎回独自の切り口で深く掘り下げていく音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』

2月18日(日)に放送される同番組では、スタジオに劇団四季のメインキャストとスタッフを招き、「ロングラン公演を可能にする劇団四季独自のシステム」に迫る。

©テレビ朝日

◆クオリティーを高く維持する3つの秘密

全国に専用劇場を持ち、年間上演数は3000ステージ超え。年間300万人もの観客を動員する「劇団四季」。

1998年からロングラン上演されているミュージカル『ライオンキング』は通算1万1000回公演を達成し、観客動員数も1000万人を超えるなど、国内最多記録を更新している。

しかし、なぜ劇団四季はこんなにも多くのロングラン公演ができるのか?

今回スタジオに迎えるのは、青山弥生・道口瑞之・厂原時也・齋藤舞ら劇団四季のメインキャストと、技術部部長・近藤建吾

番組の調べによると、ロングランの裏には「経営システム」「俳優養成」「技術スタッフ」の3つの秘密が隠されているらしい。

この3本柱を掘り下げていくと、公演のクオリティーを高く維持するための緻密なシステムが次々と明らかに!

セリフを正確に届ける独自訓練法、ギャラのシステム、役を勝ち取るまでの大変な道のりなど、ほかの劇団では考えられない構造とは!? 稽古場やオーディション会場にも潜入し、ロングランを支える秘密を暴いていく。

そして、番組恒例の“ジャムセッション”では、厂原時也×齋藤舞×関ジャニ∞でディズニーメドレーをお届け。

『パート・オブ・ユア・ワールド』(ミュージカル『リトルマーメイド』より)、『愛を感じて』(ミュージカル『ライオンキング』より)を、バンドアレンジで披露する。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2018年2月18日(日) 午後 11:10~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1