テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「次元が違う感じ」現役レスラーも大絶賛するAKB48・湯本亜美のアクロバット技とは?

AKB48グループのメンバーがガチンコ勝負のプロレスに挑戦し注目を集めているドラマ『豆腐プロレス』。現在テレビ朝日のYouTubeチャンネルでは、同ドラマの舞台裏の模様をおさめた動画『ROAD to WIP』が公開されている。

本ドラマの舞台は、すべての選手が現役女子高生で構成されるまったく新しいプロレスリーグ「WIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)」で、そのチャンピオンベルトを目指し熱い闘いを繰り広げる女子高生たちの活躍が描かれる。

本記事では、現在公開中の『ROAD to WIP』から選りすぐりのエピソードを紹介。今回ピックアップするのは、同作にコマネチ湯本として登場する湯本亜美のプロも驚愕するアクロバット技だ。

 

◆プロも脱帽!湯本亜美が見せる驚異のアクロバット技とは?!

ドラマ【豆腐プロレス】「ROAD to WIP」#3 本格トレーニング開始の後半パートでは、本格的にトレーニングを始動させたメンバーたちの様子をみることができる。(※以下、画像はすべてYouTubeのスクリーンショットです)

そんななか、鮮やかな身のこなしでひときわ注目を集める湯本。彼女は5歳のころからアクロバットを習っていたそうで、練習では側転だけでなくバク転もさらりと決める。

得意技のアクロバットだけではなく連続で技を難なく決める湯本に対して、HKT48・宮脇咲良が「次元が違う感じがします」と思わず漏らす一幕も。湯本の運動能力の高さが伺える場面だ。

そして、ドラマ【豆腐プロレス】「ROAD to WIP」#8 湯本&須田に密着では、そんな湯本の真骨頂であるアクロバット技を存分に味わえる。

彼女のアクロバット技は、本プロジェクトでプロレスのコーチを務める元プロレスラー・ミラノコレクションA.T.や、女子プロレスラー・下田美馬も大絶賛。下田は「(湯本さんは)プロレスラーです」と言うほどだ。

さらにミラノコレクションA.T.は、湯本と体の柔らかさが取り柄のSKE48・須田亜香里とのマッチメイクを計画。「ふたりには、現役レスラーもひっくり返るようなことをさせたい」と意気込んでいる。

ドラマの監督からも「湯本さんは、空中殺法の使い手。ビュンビュン飛ぶ人」と指名され、周囲の期待を一身に背負う湯本。

そんななか行われた湯本の練習をみたHKT48・兒玉遥は、「スゴーイ」と驚愕。スタッフから湯本と同じことができるかと聞かれたAKB48・加藤玲奈が「できません」と即答するほどハイレベルなアクロバット技を見せ、周囲を圧倒する。

そして対戦相手の須田とアクロバット×軟体という組み合わせで練習を開始。練習後には、自分たちの動きを撮影した映像をチェックし、湯本が技のテンポ感について「ちょっと遅め。強弱(が必要)ですね」と真剣に語る姿は、本物の女子プロレスラーのようだ。

新章に突入した『豆腐プロレス』で湯本は、どんなハイレベルなアクロバット技を披露するのか? 注目だ。

 

※番組情報 『豆腐プロレス
2017年4月15日(土)深夜0:35~深夜1:00、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1