テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

吉田沙保里、甥&姪っ子とレスリング対決!「叔母さん」と呼ばせないことも明かす

2月4日(日)に放送される『ビートたけしのスポーツ大将』。今回は、超豪華な現役トップアスリートが大集結する3時間スペシャルとなっており、「レスリング対決」が初登場!

“霊長類最強女子”こと吉田沙保里が参戦し、10人の小学生から中学生までのレスリング天才キッズの挑戦を受ける。

©テレビ朝日

10人と立て続けに勝負するとはいえ、普通に戦えば吉田が圧勝するのは当たり前。

そこでハンデとして、吉田はバックをとられるなど1ポイントでも失った時点で敗戦、さらに得意のタックルは禁止に! さすがの吉田も“タックル禁止”には「ちょっと厳しい」と不安をのぞかせるが、どのような戦術で天才キッズと戦うのか?

◆甥っ子・姪っ子に「沙保里さん」を強要?!

さっそく吉田と対戦する1人目の天才キッズが登場…と思いきや、なんと岡村が挑戦者に名乗り。47歳の岡村、もちろんレスリング経験はないが、「動画サイトでレスリングを見てきたから」と自信満々(?)で吉田に挑戦する。はたして、どこまで粘れるのか?

2人目から日本でもトップレベルのレスリングキッズが次々に挑戦するなかで登場してくるのが、吉田の姪っ子・吉田千沙都さん(小学5年生 写真:前列右から3番目)と、甥っ子の吉田汰洋君(中学1年生 写真:後列右から2番目)。

©テレビ朝日

一緒に練習もしている2人だが、普段の吉田について聞かれた千沙都さんは「面白い」と一言。「面白い叔母さんなんや」という矢部の言葉に、吉田は「叔母さんとは呼ばせていませんから。“沙保里”と呼ばせています」と言い、“面白い叔母さん”という呼び方にダメ出し。

得意の攻め手・タックルを禁じられた吉田は、小中学生とは思えないテクニックを持ち合わせたレスリング天才キッズたちから1ポイントも失うことなく10連勝することができるのか? 体力勝負ともなった吉田の「レスリング対決」に注目だ!

※ビートたけしのコメント

©テレビ朝日

「やっぱり吉田さんは強いよね。相手のタックルを返す方法を知っているから、自分がタックル出来なくても相手のタックルを待っている。で、バックを取ったら攻めが速い。練習を重ねているから自然に体が動くんだね。

浜口京子さんがゲストに来てくれたけど、前にお父さんと対談したことがあってさ。練習の時から『京子!京子!』と言っているのは、試合の時に『京子!』と叫ぶと京子さんが練習の時と同じ心理状態になってリラックスできるからなんだって。科学的だよね。アニマルなんて名前だけど立派な人間だよ(笑)

そのアニマルさんにさ、京子さんをウチの息子の嫁にしてくれって言われたんだ。でも、俺が息子と会う機会が少なくて。もし結婚しても新婚旅行で京子さんに首しめられて落ちちゃって終わりだね(笑)」

※番組情報:『ビートたけしのスポーツ大将』超豪華!現役トップアスリート大集結!3時間SP
2018年2月4日(日)よる6:57~9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1