テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

今年80歳の久里千春、東京離れ「第二の人生」。娘の手料理が近所との交流広げる

1月17日(水)に放送される『徹子の部屋』に、女優や司会・コメンテーターとして活躍する久里千春が登場する。

©テレビ朝日

久里は、1964年にピアニストの山崎唯と結婚。「おしどり夫婦」として知られ、その後2人の娘も加わり「仲良し家族」でテレビに出演することも多かった。

しかし1990年、夫は6年の闘病後に57歳の若さでこの世を去った。

当時の久里の悲しみは深く、立ち直るのに時間がかかったという。そんな久里も今年80歳になる。生まれも育ちも東京だが、昨年東京を離れて「第二の人生」を歩み始めた

近所に知り合いがおらず当初は途方にくれたが、同居する娘が作る料理が近所の評判になり輪が広がったそうだ。

また、久里の“美の秘訣”ともいえる毎朝の「寝起き体操」と、近所で評判のサラダ作りの映像が紹介される。

※番組情報:徹子の部屋
2018年1月17日(水)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1