テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ももクロが心境を生告白!有安杏果は卒業後に挑戦したい“夢”にも言及!

昨日1月15日(月)、ももいろクローバーZ・有安杏果が2018年1月21日(日)のライブをもって同グループから卒業することを発表した。

©川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし

そして、1月15日(月)の19時15分からテレ朝動画で生配信された、ももいろクローバーZのプロデューサー・川上アキラがメインMCを務める番組『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし』に、ゲストとして有安杏果を含むももいろクローバーZのメンバーが5人揃って出演した

◆「ももクロらしく最後まで笑顔で」

卒業発表当日の番組出演とあり、大きな注目を集めた今回の配信の冒頭で有安は、「みなさん、本当に突然のお知らせになってしまって、申し訳ございません。ファンの方は、ブログやホームページなどを見ていただいていると思いますが、ここで改めて。私、有安杏果は2018年1月21日(日)のライブをもって、ももいろクローバーZを卒業し、スターダストさんとキングレコードさんとの契約も円満に終了させていただきます」と改めて、自身の口から卒業のコメントを発表。

つづけて、卒業直前での発表になったことについて、「私自身、ずっと前から考えていたことだったんですけど、ファンの方はビックリしたのではないかと思います。そして、あと1週間しかない(時期での発表になった)ことはファンのみなさんには本当に申し訳なく思っています。残りのあと一週間、いつも通りのももクロらしく最後まで笑顔で突っ走りたいと思います」とファンへのお詫びの言葉を述べながら、残りわずかとなった同グループでの活動に対して意気込みを見せた。

◆百田「笑顔で送り出したい」

番組MCを務めるプロデューサーの川上は「昨年末、他のメンバーが有安から直接話を聞いて、それについて話をし、受け入れた」と有安卒業の裏側を明かすと、玉井詩織がそのときのことを「ビックリしたし、6年間近く5人でやって“5人のももクロ”というイメージが定着しているから『どうなるのか?』っていうのはありました。でも、杏果の人生だから、杏果が決めるべきだと思うので(彼女の選択を)尊重したいと思います」と心境を語った。

佐々木彩夏は「杏果から話を聞いたとき、モノノフ(ももクロファンの別名)のみんなが悲しむのは嫌だなっていうことが一番に浮かんだ。そういうのを踏まえたうえで、私たちが下した決断なので、それをみんなにはわかって欲しい」とファンに理解を求めた。

また、高城れには「(初めて)聞いたときは、何言っているんだろうと信じられなかった」と、百田夏菜子は「グループのことを考えると、やめてほしくないのは本音。でも、卒業の気持ちを聞いたときは決意が固まっていたのがわかった。今はみんなで、笑顔で送り出したい」と、それぞれ気持ちを打ち明けた。

さらに玉井が「年上の3人(百田・玉井・高城)が、杏果から卒業の話をきいたとき、口を開けられなかった」と当時の状況を語り、なんと最年少の佐々木が“切り込み隊長”として、その沈黙を破ったことも明かした。なかでも、百田には1時間半もの沈黙があったそうだ。

そして、今回の発表から一週間後の卒業となった理由について川上は、「(1月21日(日)にライブをする)会場がおさえられたからです。最後に5人のももいろクローバーを、みなさんに見せたいという思いがあった」と説明。さらに、「ももいろクローバーZとして、誰かが新たに追加されたりすることはない」とファンが気にかけている今後のメンバー編成についても言及した。

©川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし

配信の後半では、気になる卒業後について有安が「これから何をするかは、決めていないし、逆に決めたくない。明日は何かをしないといけないという生活をずっと続けてきたので」と真面目でマメな彼女の性格が感じられる言葉で今後の展望を語り、挑戦したいことについては「旅行にも行きたいし、今度こそアロマ検定の勉強をして資格を取りたい。(念願の)ワンちゃんも飼うなら、いま!でも、お母さんにペットのことを言ったんですけど、まだOKはもらえてないんです…(笑)」と今後の夢を笑顔で披露した。

そして、ファンからのコメントにメンバーが返答する場面で、「また戻ってきますか?」という質問について有安は「もう一度戻ってきて欲しいと言われるよりは、8年間お疲れさまと言っていただけるとありがたいです」とファンにお願いした。

また、川上プロデューサーは動画配信時代から数えると8年目、地上波放送は5年目を迎える彼女たちの冠番組『ももクロChan』の続投について、スタジオにいた関係者に伺い、OKの返事をもらう。さらに「杏果の最後(のももクロChan)も、ちゃんと撮ります!」とファンに約束した。

最後に有安は以下のコメントで配信を締めくくった。

「ファンの皆さん、応援ありがとうございます。今までたくさんの見たことのない景色を見せてくれたのは、ファンの皆さんのおかげです。

ラストライブは、会場に来られる方はもちろん、来られない方にも届くようにがんばります。5人のライブは最後なので、いつものように5色の綺麗なペンライトの景色が見られると嬉しいです。改めて、突然の発表になってしまって、すみませんでした。これからも、ももクロは続くので、れに、あーりん、夏菜子、しおりんのことをよろしくお願いします!」

今回の配信でも明らかになったように、昨年、既にメンバーは有安の卒業を知っていたこと、この番組がいつも彼女たちが出演している番組だったこと、そして、彼女たちを育てた川上プロデューサーの前だったこともあり、配信は和やかなリラックスムードで進行。ももクロらしい、涙ではなく笑顔が溢れる配信となった。

なお、この生配信のアーカイブは、1月16日(火)15時から公開(※有料)される予定。配信の最後に、スタジオのメンバーが騒然となった川上アキラが思わず漏らした本音とは…?!

※アーカイブは、こちら

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も!アーカイブも公開中

LINE はてブ Pocket +1