テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

鴨志田(伊東四朗)に深刻な病の疑い?!人気シリーズ『おかしな刑事』第17弾放送

伊東四朗がたたきあげの刑事・鴨志田新一、羽田美智子がエリート警視・岡崎真実という凸凹父娘コンビを演じるシリーズの最新作『おかしな刑事 17』が、1月14日(日)に「ミステリースペシャル」として放送される。

©テレビ朝日

本作では、なんと鴨志田新一(伊東四朗)に深刻な病の疑いが…!? 意気消沈する鴨志田は、病院で知り合った会社社長・漆山忠夫(角野卓造)と意気投合するが、なんとその漆山の孫が誘拐される事件が発生して…!?

伊東と角野は旧知の飲み仲間であり、2人は息の合ったかけあいを披露。コメディーセンスあふれるベテラン勢の”競演”は、大きな見どころとなりそうだ。

 

◆あらすじ

©テレビ朝日

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

病院に健康診断の結果を聞きに来た鴨志田は、となりの診察室から出てきた住宅建設会社の社長・漆山忠夫(角野卓造)と知り合いになる。

大腸の内視鏡の検査を受けるよう言われた鴨志田は深刻な病ではないかと思い悩んでいたが、漆山もまた、次回の診察に家族を連れてくるよう医師から言われ、重大な病の告知を受けるのかとパニックになっていた。互いに余命わずかと思い込んだ2人は打ち解けあい、飲み明かす仲に。しかし、酒を飲んで気が晴れるわけもなく、勤務中もため息ばかりつく鴨志田は「士気が下がる」という理由で、坂下課長(小倉久寛)から休暇を取るよう言い渡されてしまう。

©テレビ朝日

そんな中、東王子署管内で誘拐事件が発生! オーガニック野菜販売会社を営む萩尾晃(窪塚俊介)、奈津子(中島亜梨沙)夫妻のひとり息子・将人(杉澤駿)が、“ゆるキャラショー”を見ている間に何者かにさらわれてしまったのだ。犯人からは1億円を要求するメールが届くが、現在、萩尾の会社は資金繰りに困っており、1億円などとても用意できないという。困り果てた奈津子は、会社社長である父親に連絡を取る。その連絡が来たのは、ほかでもない、漆山。つまり、将人は漆山の孫だったのだ。

奈津子はかねてから仕事人間で家庭を顧みなかった漆山を嫌っており、父娘は十数年も顔を合わせていなかった。もともと娘との関係修復を願っていた漆山はすぐに奈津子のもとに駆けつけ、犯人の電話に「孫のためならいくらでも出す」と即答。犯人から、身代金の受け渡し役に指定されてしまう。

まもなく、真実が捜査の指揮を執ることとなり、東王子署の刑事たちのほか、真実の恋人である警視庁捜査一課8係刑事・五十嵐進(駿河太郎)も捜査に加わることになった。しかし、実は真実と進はケンカ中で、別れる別れないでモメていて…!? そして漆山から事情を聴いた鴨志田も、有給休暇中の身でありながら独自の捜査を始めるが…!?

※番組情報:ミステリースペシャル『おかしな刑事17』
2018年1月14日(日)午後9:00~午後10:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事