テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『おかしな弁護士』第2弾!姉小路(石井正則)がブラック企業に闘いを挑む!

1月14日(日)の「日曜ワイド」では、大人気シリーズ『おかしな刑事』のスピンオフドラマ第2弾『おかしな弁護士2』を放送する。

本作では、おなじみの鴨志田(伊東四朗)や真実(羽田美智子)をはじめ、先輩弁護士・武井昭一(正名僕蔵)や“横浜の叔母様”こと三浦由紀子(田島令子)ら濃いキャラたちもズラリ登場する。

今回は、石井正則ふんする新米弁護士・姉小路行人が、不動産会社社員の死の真相を暴くため、ブラック企業に闘いを挑む!

◆あらすじ

姉小路行人(石井正則) は、先輩弁護士・武井昭一(正名僕蔵) の法律事務所に所属する、新米弁護士。プライベートでは警視庁東王子署の警部補・鴨志田新一(伊東四朗)とその娘で警察庁刑事局のエリート警視の岡崎真実(羽田美智子)と奇妙な同居生活を送っているが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

そんなある日、行人のもとを、小学校時代の同級生・野上弥生(白羽ゆり)が訪ねてきた。弥生は亡夫・豊一(菊池隆志)の潔白を証明するため、彼の勤務先だった大手不動産会社『サクラソウ不動産』を訴えてほしいという。豊一は『サクラソウ不動産』の社員で再開発地区の地上げ交渉を担当していたが、反対派の住民と会社の板挟みとなって先日、飛び降り自殺したばかりだった。しかし、会社側は、豊一が会社から横領した金を反対派住民に賄賂として渡していたと発表。その発覚を苦に、命を絶ったと主張していた。

©テレビ朝日

鴨志田と真実が見守る中、行人と武井は調査を開始。豊一から賄賂を受け取ったという喫茶店主・宮島繁雄(ノモガクジ)に話を聞きに行くが、すれ違ってしまい、その後すっかり連絡が取れなくなってしまう。

しかもその矢先、『サクラソウ不動産』側の弁護を担当するのが、武井の見合い相手、久保佳美(川上友里)の父で、ベテラン弁護士の丈太郎(大和田伸也)だとわかり…!?

※番組情報:日曜ワイド『おかしな弁護士2』
2018年1月14日(日)午前10:00~午前11:50、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1