テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

DAIGOは妻・北川景子の“MMK”で準備万端、YOSHIKIは引退宣言⁈【格付けチェック】

2005年より正月恒例の特番としてスタートした『芸能人格付けチェック』が、2018年元日にも放送される!

『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』と題して放送される今回の番組では、超一流芸能人が6つのジャンルで格付けチェックに挑戦する。

©ABC

◆ミュージシャンのプライドにかけて

今回なんといっても注目なのは、YOSHIKIの初参戦。前人未到の個人51連勝を記録しているGACKTが5年間口説き続け、悲願を叶える形での登場となった。

そんな2人がチームを組んで挑む格付けチェック項目には、一流アーティストとして絶対に間違えられない「楽器」に関するものも!

「和楽器」ジャンルでは、琴・尺八・三味線を使った和楽器の演奏で、プロの和楽器奏者「日本音楽集団」とアマチュアの和楽器サークル「関東学生三曲連盟」の演奏を聞き分ける。

このチェックに挑むGACKTは、「プロなので問題ないです。間違えるヤツはアホです」とここでも自信満々の様子。同じくこのジャンルでは間違えられないDAIGOも、「ボクも本業はミュージシャンなので…。こういう問題が出ると思って、昨日妻にMMK(耳かき)をしてもらったんです」と自信をのぞかせる。

はたして、正しくプロの和楽器演奏集団を選ぶことができたのはどのチームなのか?

◆総額39億円vs総額80万円の音色

また、「三重奏」ジャンルではヴァイオリンとチェロの三重奏で音色を聴き分けるチェックを実施。

今回も世界的な名器が揃えられ、その総額なんと39億円! それと比べるのは、初心者用ヴァイオリンとチェロ(総額80万円)の三重奏だ。

その選択に注目が集まるYOSHIKIは、「僕もプロですし、カーネギーホールでも演奏しているので、これで間違ったら引退しないといけないね」とまさかの宣言! 実際に演奏を聴くと、「響きが全然違った」と確信に満ちた態度で答えを選択するが…。

はたして、YOSHIKIが引退に追い込まれる波乱の展開はあるのか?!

※番組情報:『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』
2018年1月1日(月)午後6:00~午後9:00、ABC・テレビ朝日系列全国ネット

LINE はてブ Pocket +1