テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

右京(水谷豊)の“元相棒”が英国から来日!2人が導き出した意外な結末とは?【相棒・第7話】

シリーズが誕生した2000年以来、高い注目を集めつづけるドラマ『相棒』

11月29日(水)に放送される最新シリーズ『season16』の第7話「倫敦からの客人」では、杉下右京(水谷豊)のロンドン研修時代の“元相棒”南井十(伊武雅刀)が訪ねてくる。

©テレビ朝日

殺人事件のあった現場周辺で、持ち主不明のスマートフォンが見つかった。そこに残されていた動画と画像を手がかりに捜査を進めていくと、さらに別の2遺体が発見される

南井が独自の推理で犯人像を推測。右京も同じ疑問を抱くが…。

◆第7話あらすじ

ロンドンから、杉下右京(水谷豊)旧知の元スコットランドヤード警部、南井十(伊武雅刀)が訪ねてくる。二人は、右京のロンドン研修時代にパートナーを組んだ“相棒”。3年前停職中だった右京がロンドンに滞在していた間も一緒に事件捜査を行っていた

©テレビ朝日

その南井が興味を抱く殺人事件が発生する。被害者は派遣社員の西田泰史(康喜弼)。遺体発見現場の周辺で見つかった持ち主不明のスマートフォンには、西田が男と揉み合う動画が残されていたが、身元の特定には至らず捜査は難航する

そんな中、右京と冠城亘(反町隆史)は、同じスマートフォンに残されていた2枚の画像が、通常では見ることができない麻薬や拳銃の取引が行われている「ダークウェブ」で公開中の、殺人動画のサムネイルであるとの情報を青木年男(浅利陽介)から入手。そこから得られたわずかな手がかりを元に、右京は動画が撮影された場所の特定に成功する。同時に動画にあった別の男女2遺体を発見。事件は連続殺人へと変わる

©テレビ朝日

南井は、ニュースの情報から独自の推理を展開し、犯人は慎重さの裏に犯行に対する不安がある人物と推測。さらに発見された2遺体と西田殺害の事件は類似点はあれど別の事件である可能性も指摘。同じ疑問を抱える右京を尻目に、捜査本部はある容疑者を特定する…。

※番組情報:『相棒season16』第7話「倫敦からの客人」
2017年11月29日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1