テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

元宝塚トップ娘役・咲妃みゆ、初の映像作品!同じくトップ娘役だった乙羽信子を熱演【越路吹雪物語】

第1弾の『やすらぎの郷』に続き、現在『トットちゃん!』が大好評を博しているテレビ朝日の帯ドラマ劇場。

2018年1月からスタートする第3弾では、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記 『越路吹雪物語』が放送されることが決定した!

©テレビ朝日

越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子供の頃から歌が大好き。少女時代は、勉強はキライでおてんばだけど、とても純粋な女の子だった。

そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないため落第寸前の“落ちこぼれ”に…。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上っていく。

退団後は、歌手・女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組み『愛の讃歌』などシャンソンを多くカバーしたことから“日本シャンソン界の女王”と呼ばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変える稀代の歌手となった。

本作では、そんな越路吹雪の青年期を瀧本美織が演じる。

 

◆作詞家・岩谷時子との二人三脚の軌跡をたどる

そして、越路のマネージャーとして彼女を終生支え続けた大親友・岩谷時子。

岩谷は、『愛の讃歌』の訳詞や加山雄三の『君といつまでも』、ピンキーとキラーズの『恋の季節』など数多くのヒット曲を作詞。さらに、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などの上演訳詞も手掛け、日本のミュージカルの歴史を作った訳詞家でもある。

そんな岩谷時子の青年期を演じるのは、木南晴夏だ。

“落ちこぼれ”といわれた宝塚時代、生涯の友・時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が新しい歌の世界を切り拓き二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡…。

『越路吹雪物語』では、昭和という激動の時代を背景に、誰もが耳にしたことのある名曲をちりばめながら華やかなるものの“光と影”を紡いでいく。

 

◆元宝塚歌劇団・雪組トップ娘役・咲妃みゆ、初の映像作品!

©テレビ朝日

2010年、宝塚歌劇団に入団した咲妃みゆは、月組配属後入団から4年後の2014年に雪組へ組替えし、雪組トップ娘役に就任。

輝かしい経歴を持ち人気を博すも、昨年の2017年7月の東京宝塚劇場『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』公演で惜しまれつつ退団したばかりだ。

©テレビ朝日

本作は、そんな咲妃みゆの待望の映像デビュー作品ともなっており、彼女は同じく宝塚歌劇団娘役トップで雪組出演の多かったスター・乙羽信子を演じる!

ヒットドラマや映画などを数多く手掛ける龍居由佳里氏による脚本のもと、まるで『愛の讃歌』のように激しくもきらびやかな人生を駆け抜けた越路吹雪が生き生きと描写される本作。

2018年1月からのスタートが、いまから待ちきれない!

※番組情報:帯ドラマ劇場『越路吹雪物語
2018年1月スタート!ひる12:30~12:50(毎週月~金)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1