テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

関ジャニ・安田&錦戸、あの『ぼよよん行進曲』で横山だいすけとセッション!

日本の歴代 CD シングル売上ベスト10のなかには、『およげ!たいやきくん』『だんご3兄弟』など子ども向けソングがランクインしている。この事実を示すまでもなく、子ども向けソングでは大ヒット曲が次々と誕生してきた。

そこで、11月26日(日)に放送される音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』では、子ども向けソングの歴史やヒットの秘密を分析する。

©テレビ朝日

登場するのは、11代目うたのおにいさん・横山だいすけ、『マル・マル・モリ・モリ!』などのヒット曲を手がける作曲家・宮下浩司、大手育児教育教材で音楽・映像プロデューサーを務める玉井裕香子だ。

実は、子ども向けソングの作詞や作曲、歌唱法には、子どものハートをつかむための意外な工夫やテクニックがたくさんあるという。

今回はその独特の歌唱法を、だいすけお兄さんがスタジオで実演解説! 子ども向けソングが子どもだけでなく大人にも響く名曲揃いである理由が明らかになる。

そして、番組恒例の“ジャムセッション”では、横山が“うたのおにいさん”を卒業する際にファンが思い出の曲として最も支持をした『ぼよよん行進曲』でセッション。

今回は、安田章大と錦戸亮がギター&ボーカルで参加。トリプルボーカルで力強い前向きソングをお届けする。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2017年11月26日(日) 午後 11:10~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1