テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

玉森裕太主演『重要参考人探偵』、気になる“ロケハン”の裏側を取材!【スタッフインタビュー】

10月より放送中の玉森裕太主演、金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』

©テレビ朝日

本作は、「なぜかいつも殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者になってしまう」という特異体質を持つ主人公・弥木圭(玉森)が、行く先々で事件に遭遇し、小山慶一郎、古川雄輝扮するモデル仲間や新木優子演じる刑事になった元カノとともに事件を解決していくミステリードラマだ。

毎回、様々なシチュエーションで殺人事件が起きる作品ということで…テレ朝POST編集部では、衣装スタッフ、脚本家、美術デザイナーなど、各話でその世界観を作り上げているドラマスタッフたちのインタビューを届けてきた。

そして今回は、撮影場所のコーディネート、通称「ロケハン」と呼ばれる作業を担当する制作スタッフを取材! ドラマ制作には必要不可欠とも言える「ロケハン」の大変さや面白さを、11月17日(金)に放送される第5話の見どころとともに紹介しよう。

 

◆ロケハンの醍醐味と交渉の裏側…?!

©テレビ朝日

——『重要参考人探偵』のロケハンで大変なところは?

「メインで登場するセットやロケ地(教室、会社、刑事部屋など)がある作品とは一味違い、この作品は、レギュラーでいつも撮影をしている場所がほとんどないので、毎回新規のロケ地を探しています。新しいロケ地を探し続けるのは…結構大変なんですよ(笑)。

あとは、内容、設定、スケジュールなど、様々な理由でぴったりだと思ったロケ地をお借りできない…という事もありますし…。

例えば、1話のイベント会場、3話のペンション、4話の劇場は、土日にまとめて撮影できるところを探さなければならなかったので、人知れず苦労もしました(笑)」

——どのような流れで作業を進めるのですか?

「台本が出来上がった時点で動き出して、なるべく早くロケハンを行います。

『映像になった時のイメージやストーリーと合うか?』はもちろん、『撮影がきちんとできるか?』といった物理的なことも考えてロケハンに向かいます。

『ここはどうかな?』と当たりをつけた場所を監督に見せて、更に出演者の方々とのスケジュールが合うかを考えて…(笑)。

監督が『いいね!』と言った場所でも、出演者の皆さんのスケジュールと合わないと撮影できませんから、その場合は探し直しになります。

連ドラだと時間もあまり無い中でロケハンと撮影を進めて行かないといけないので、タイミングの見極めは腕の見せ所です」

©テレビ朝日

——ロケハンをしていて、面白いなと思うところは?

「最初にロケ地候補を見に行ったときに、自分の中で演出をするんです。

『ここから歩いてきたらいいな』とか、芝居を考えて監督にプレゼンするのは楽しいなと思いますし、監督に話した動きが実際に採用されると嬉しいです!

それに、あるロケ場所をお借りしたいとお願いした際に、ご家族の方が『重要参考人探偵』をご覧くださっているということで、その番組のためならとご協力くださったことがありました。こういう出会いは、連ドラならではだと思います。

なので、ロケ地の交渉をさせていただく際には、『ドラマをご存じで、できればドラマのファンでいてくださったらいいな…』と願いながら相談に伺うことが多いです(笑)」

◆マストな設定を実現するため、大奔走!

©テレビ朝日

——第5話では住宅地が舞台となりますね。どのようなロケハンでしたか?

「第5話では『4軒の家が並んでいないといけない』という絶対的な設定がありました。

そういった場合は、一般のお宅に伺って相談してもいいのですが、一軒でも借りることができなければ最初からやり直しになってしまうんです…。ハリウッドだったら家を建てちゃうんですけどね(笑)。

なので、以前ご相談させていただいたことのある不動産の方に連絡をして、あるエリアの4軒並んで空いている物件を紹介していただきました」

©テレビ朝日

無事に見つかった4軒の家。しかし、さらなる問題に直面してしまったという。

「家の外観や路上など、外は監督のイメージするシチュエーションをクリアできたのですが、どうしても演出上、庭の構成や芝居の問題を全てクリアすることはできなくて…。

そこで、一部はスタジオなど別の場所を借りて撮影することになりました。別の場所でも、きちんと同じ場所に見えるように、サイズ感や色合いが合うようなところを探しました。

また、撮影は夜遅くなることもあるので、近隣住民の方々にもご相談させて頂きました。

本当に沢山の方々にご協力いただいて撮影できました!」

——最後に、第5話の見どころを教えてください。

「広い街並みの中で、家の前や外など、ここまで規模の大きいロケをすることはあまりないと思います。これまでは室内の事件が多かったのですが、5話は室内と外の映像が両方楽しめるので、新しい感じがすると思います!

舞台となった街には監督と一緒にロケハンに5回も行ったんですよ! まさに映画並みです!(笑)

映画並みのロケハン(?!)を経て撮影された第5話は、11月17日(金)放送だ。見逃せない!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』第5話
2017年11月17日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1