テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ビートたけし、天才キッズと卓球対決!容赦ない姿勢に思わず大人げないプレー

11月12日(日)に、27年ぶりのレギュラー放送がスタートする『ビートたけしのスポーツ大将』

記念すべき1回目の2時間スペシャルでは、「卓球」「競泳」「陸上」の3競技でトップアスリートと天才キッズの対決が展開される。

©テレビ朝日

◆日本卓球界のエース、水谷隼が天才キッズ5人を相手に勝負!

リオ五輪男子シングルスで銅メダル、男子団体で銀メダルを獲得、全日本卓球選手権では史上最多となる通算9回の優勝を誇る水谷隼が以前放送されたスペシャルに続いて参戦。5人の小学生天才キッズと、シングルス・11点先取の1セットマッチ5番勝負を行った。

水谷に挑むのは、今年の全日本卓球選手権大会バンビ女子の部で決勝トーナメント2回戦に進出した中田宇海ちゃん(6)、同大会バンビ男子の部優勝の岩井田駿斗くん(8)、同大会カブ女子の部準優勝の張本美和ちゃん(9)、同大会ホープス男子の部優勝の中村煌和くん(12)、そして、同大会カブ男子の部優勝2連覇を達成した松島輝空くん(10)の5人。いずれも日本を代表する卓球天才キッズだ。

 

◆試合前から水谷vs天才キッズが舌戦を展開!

対決を前に水谷は、「今日リベンジができると聞いて、すっ飛んできたんで!」とやる気満々。と言うのも、実は松島輝空くんには前回のスペシャルで対戦し思わぬ敗戦を喫している。さらに張本美和ちゃんは今年の世界選手権で敗れた張本智和の妹。水谷にとっては “絶対に負けられない戦い”なのだ。

リベンジに燃える水谷に対して、天才キッズ・松島くんは「今日も勝ちたいと思います」と殊勝ながらも強気の言葉で応戦。

そして美和ちゃんは、「お兄ちゃんが勝っているので自分も勝ちたいです」と“兄妹アベック金星”を宣言。これに対し水谷は、「お兄ちゃんには勝てないから妹には勝ちたいです」とリベンジ宣言。舌戦を繰り広げた。

兄・智和と練習することもあるという美和ちゃん。VTRで智和は、美和ちゃんについて、「フォームもキレイになったしミスもなくなった。ボールの回転も良くなってきた」と成長を認めている。卓球台を挟んで美和ちゃんを前にした水谷は、「まるで智和に見えたこうやって対峙して物おじしないところは(智和と)似ている」と苦笑い。これにはビートたけしも興味津々で見つめる。

はたして、水谷のリベンジはなるのか!?

©テレビ朝日

また岩井田くんは、「水谷選手に憧れて右打ちだったのを左打ちに変えた」とのこと。それを聞いた水谷は、「憧れの選手に勝ったらダメだよ。憧れの人いなくなっちゃうから」とプレッシャーをかけ、解説を担当した吉村真晴が「最低ですね!」と水谷に“警告”を与えた。

宇海ちゃんには8点、岩井田くん、美和ちゃんには6点、中村くんには5点、松島くんには4点とそれぞれにハンデを与えてスタートした水谷VS天才キッズ5番勝負。

水谷は美和ちゃんを相手に兄・智和の雪辱を果たし、松島くんにリベンジ、すべての戦いに勝利することができるのか? それとも、天才キッズが再び水谷を倒すのか? 1点を争う好ゲームが続出した水谷vs天才キッズの「5番勝負」から目が離せない!

©テレビ朝日

また、ビートたけしとナインティナインも天才キッズとエキシビションマッチをすることに。大人の怖さを見せつけてやるとばかりに戦いを挑むが、容赦ない天才キッズのスマッシュを返すどころか微動だに出来ず…。ついには大人げないプレーも!?

 

◆水谷隼 コメント

©テレビ朝日

前回の松島くんとの対決は、ハンデをあげていなくても負けていたと思うんです。やっぱり…それは悔しいっす! 今回はこの収録があると聞いてガチで練習してきました。ブランクはありません! 松島くんは勢いがすごい。僕らの世代にはない圧というか、押されます。1本1本の気合いもすごいですし、執念や必死さがズシズシと伝わってきます。今日はそこをはねのけたいですね。

「5番勝負」での目標は、“ノータッチなし、ボールに絶対に触れる!”です。すべてのボールを自分が挑戦者のつもりで食らいついて、ノータッチしないように頑張ります。天才キッズに負けたことは半年間ずっと言われ続けたので、今日勝って「勝ったぞ」「リベンジしたぞ」と世間に言いたいです(笑)

 

◆松島輝空くん コメント

©テレビ朝日

前回対戦して、やっぱり水谷選手は強いと思いました。打ってくるコースが違うし、ボールのスピードも速かったです。前回は特に作戦など考えませんでした。今日も対策は立てていませんが、とにかく勝ちたいと思います。前回同様の試合で勝ちたいです。

 

◆張本美和ちゃん コメント

©テレビ朝日

テレビは初めてなので緊張します。自分が出ると決まったときは、びっくりしましたが嬉しかったです。お兄ちゃんに水谷選手と試合をすることは話していませんが、相談したらきっとサーブのこととか、どこが強いとか、対策を教えてくれたと思います。

お兄ちゃんは誰が相手でも怖がらずに立ち向かうところがすごいと思います。自分もマネしたいけど、ママとパパにはまだ怖がっているからもう少し強気になってほしいと注意されます。今日はとにかく勝ちたいと思います。

 

◆競泳対決

また、競泳対決では今年の「世界選手権」200m個人メドレーで銀メダルの大橋悠依と、「リオ五輪」200m個人メドレーで準決勝に進出した美人スイマーの今井月、男子では今年の「世界水泳ブタペスト」50m背泳ぎで銀メダルを獲得、自由形では昨年の「リオ五輪」400mフリーリレーで決勝に進出した古賀淳也が登場。

大橋は200mメドレー、今井は100m平泳ぎ、古賀は100m自由形で小学生天才スイマーと対戦する。大橋は4人の天才キッズが50mずつ、今井と古賀はそれぞれ2人の天才キッズが50mずつ得意種目で泳ぐルール。スタートは同時だが天才キッズはタッチの際に飛び込みがあり有利。これまでトップアスリートを下す波乱も見せつけてきた競泳の天才キッズ。今回も大勝利なるか?

©テレビ朝日

 

◆陸上対決

スーパー快足マシン・北野暴流闘くんとの対決もみどころとなる「陸上対決」には、今年の「世界陸上」で4×100mリレーに出場アンカーで日本の銅メダル獲得に貢献した藤光謙司が登場。小学生3人、中学生2人の天才キッズが挑戦する。

藤光との勝負の前に、天才キッズは暴流闘くんと100m対決。暴流闘くんに勝つか、全員が負けてしまった場合は、その中でタイムが一番良かったキッズが藤光に挑戦する。後半に驚異的な追い込みを見せ、時には世界記録を上回るタイムをマークする暴流闘くん。勝つには、前半で大きくリードを奪うしかない。

暴流闘くんを破り、「世界陸上」のメダリスト藤光と対決するのはどのキッズだ!?

©テレビ朝日

※番組情報:『ビートたけしのスポーツ大将』初回2時間スペシャル
11月12日(日)よる6:57スタート!!、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1