テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

近藤真彦、森繁久彌役で『トットちゃん!』出演!『徹子の部屋』第1回を再現

エンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた大スター・黒柳徹子(演:清野菜名)とその家族の激動の昭和史を描き、インターネット上でも「どの話も心にしみる!」「素晴らしいドラマ」「毎日楽しみにしてる!」などと大反響を巻き起こしている帯ドラマ劇場『トットちゃん!』

©テレビ朝日

そんな話題の作品で、近藤真彦が昭和を代表する名優、故・森繁久彌を演じることが決定! このほど、『徹子の部屋』第1回目で『知床旅情』を歌い上げるシーンなどに挑んだ。

◆名優・森繁久彌と黒柳徹子

森繁は、いわずとしれた国民的俳優。黒柳がNHKの専属女優だった頃から親交があり、黒柳が『徹子の部屋』の記念すべき第1回目(1976年)のゲストに迎えたことでも知られている。

惜しくも2009年にこの世を去った森繁だが、文化勲章、紫綬褒章や国民栄誉賞なども贈られた伝説の名優だ。

◆公私ともに親しい間柄で、奇跡のキャスティング

近藤もまた、黒柳とは『ザ・ベストテン』(TBS)時代から親交が深く、「仕事で会うより、プライベートでお会いすることの方が多く、しょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じです(笑))と語るほど。2015年5月『徹子の部屋』が放送1万回を迎えた際は後輩の東山紀之とともにお祝いに駆け付けたそうだ

親交の深い近藤のドラマ出演は黒柳も望んでいたものの、キャスティングについては制作側に一任していたため、近藤から森繁役に決定したことを告げられると“エッ!”と驚いたという。そして近藤に「もうあなたに任せたわ」と言葉をかけたといい、2人の“絆”の強さをうかがわせた。

◆「森繁さんの魅力は“自然体”」

近藤は『おやじのヒゲ13』(TBS/1992年)などで森繁と共演経験があるものの、今回演じるのは森繁が人気俳優として大躍進した40代から60代にかけて。名優を演じるにあたって、「さまざまな映画作品を拝見し、もちろん『徹子の部屋』第1回目の映像は数えきれないぐらい繰り返して見ました」と、偉大な存在に真剣に向き合ったことを明かした。

そこで感じたのは、森繁の知的かつ上品な“色気”と“自然体”だったという。過去に共演したときはやりたい放題だった森繁のことを「ワガママなおじいちゃんという印象でした(笑)」と懐かしむ近藤だが、出演作を勉強するうちに、その“自然体”を尊敬したそうだ。

「本当に魅力的な方。森繁さんの自然体が、観る人を感動させてきたのではないでしょうか。僕も最初は森繁さんの物真似をした方がよいのか、近藤真彦が演じる森繁久彌がよいのかいろいろ悩みましたが、その中間でうまく演じられた気がします」と、大役に挑んだ心境を語っている。

『徹子の部屋』の初回収録のシーンでは『知床旅情』をしっとり色っぽく歌い上げ、その歌声にスタジオ中が聞き惚れたという。近藤自身も「きちんと森繁久彌として歌うことができたと思います」と、その出来ばえに自信をのぞかせた。

近藤が演じる森繁久彌が登場するのは、11月24日(金)放送の第40話から。近藤は稀代の名優をどう演じるのか!? 渾身の熱演&熱唱は見逃せない!

◆近藤真彦 コメント全文

――故・森繁久彌さんの印象は?

「僕がお会いしたときはもう70代~80代でいらしたので、“ワガママなおじいちゃん”という印象でした。とにかく1シーンを撮り終えるとティータイムがはじまって、“お姉さん”たちが入って来てケーキを食べ、また1シーン終わるとティータイム、という繰り返しでした。

この作品でもドラマ撮影中の森繁さんがセリフを書いた紙を小道具に貼らせてもらうシーンがあったのですが、森繁さん、本当にあれをやられていました(笑)…今、天国から森繁さんがこれを聞いていないとよいのですが…(笑)」

――森繁さんを演じるにあたって大切にしたことは?

「さまざまな映画作品やDVDを拝見し、もちろん『徹子の部屋』第1回目の映像は数えきれないぐらい繰り返して見ました。知的で上品でいわゆる色気もあって、本当に魅力的! でも、いちばん感じたのは、“自然体”ということですね。お芝居をしていても自然体で、決して“作っていない”んです。その自然体が、観る人を感動させるのではないでしょうか。今の若い世代に“森繁さんの映画を観てみたら”と言いたくなるぐらい、ユニークな作品が多かったですね。

僕も最初は森繁さんの物真似をした方がよいのか、近藤真彦が演じる森繁久彌がよいのかいろいろ悩みましたが、その中間でうまく演じられた気がします」

――森繁さんとして『徹子の部屋』に出演された気持ちは?

「普段、徹子さんの前だとそうはいかないのですが、ちょっと大きな態度でふるまうことができましたね(笑)束の間でしたが、森繁さんの気分を味わうことができてうれしかったですね。『知床旅情』を歌うシーンも最初は悩みましたが、近藤真彦というよりもきちんと森繁久彌として歌うことができたと思います」

――森繁さん役を演じることについて、黒柳の反応は?

「徹子さんとは仕事で会うよりプライベートで会うことの方が多く、僕はしょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じなので(笑)、改めて報告…という雰囲気でもなく、しばらく出演のことは内緒にしていたんです。

あるとき、“実は僕、森繁さん役で『トットちゃん!』に出るんですよ”と言ったら、“エッ!”と驚いていらっしゃいました。でもそのあと、“もうあなたに任せたわ!”というお言葉をいただきました」

――自身が思う、『トットちゃん!』のみどころは?

「黒柳さんがなぜあのような女性になったか、明確に伝わってくるドラマです。黒柳さんの人のよさ、そして“天然”なところは、ご覧になっていると元気が出るのでは…! 日本中にエネルギーをもたらすような作品に仕上がっていると思います」

※番組情報:『トットちゃん!』
毎週月~金ひる12:30~12:50、テレビ朝日系24局
(再放送)毎週月~金あさ7:40~8:00、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1