テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

仲里依紗、草刈正雄の娘&田中圭の婚約者役で『ドクターX』登場!

「私、失敗しないので」の決め台詞でおなじみ、天才フリーランス外科医・大門未知子が活躍する米倉涼子主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』

©テレビ朝日

11月2日(木)に放送される同作第5シリーズの第4話では、「東帝大学病院」の外科医・森本光(田中圭)の婚約相手、内神田四織(仲里依紗)が重篤な病気により倒れてしまう。

四織が日本医師倶楽部会長の娘であることを知った院長の蛭間重勝(西田敏行)は、大慌て! しかし四織は、「森本先生以外の手術は絶対に受けない」と断言。自信がない森本は大門未知子(米倉涼子)を助手に指名するが…。

 

◆第4話あらすじ

「東帝大学病院」の外科医・森本光(田中圭)は婚活パーティーに参加。そこで出会った女性と婚約する仲にまで発展する。その女性が後日、勤務中の森本を訪ね、大人気の結婚式場を予約できたと報告。ところが幸せ気分も束の間、森本の前で突然倒れてしまう!

その場に居合わせたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、すぐ処置に当たるが、女性は重篤な肝臓がんを患っていると判明。「東帝大学病院」で手術することになったものの、自己再生できるギリギリの量の肝臓しか残せない状態で…!

©テレビ朝日

まもなく術前カンファレンスが行われるが、女性の名前を見た外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)は思わず固まる。

女性の名は内神田四織(仲里依紗)――あの「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)でさえも頭の上がらない日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)と同じ、めずらしい姓だったのだ! もしや…と思った海老名はおずおずと四織に確認。すると、四織は内神田の前妻の娘であることを告白する。

報告を受けた蛭間は、当然のごとく大慌て。自らの保身も含めて万全を期し、海老名と猪又孝(陣内孝則)、鳥井高(段田安則)の外科副部長3人によるオペを指示する。だが、四織は「森本先生以外の手術は絶対に受けない」と断言。

四織の命を救いたいものの、自分の腕に自信がない森本は、未知子を助手に指名する。ところが、未知子は何度頼まれても「いたしません」の一点張り。しかも、やがて行われた手術の最中に、誰もが目と耳を疑う事態が発生し…!?

※番組情報:『ドクターX~外科医・大門未知子~』第4話
2017年11月2日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1