テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『重要参考人探偵』第3話監督が明かす、玉森裕太との「楽しい作業」とは?

玉森裕太が「なぜかいつも殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者になってしまう不幸体質の男」という役柄に挑戦している金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』

©テレビ朝日

コメディータッチでありながらも、骨太で重厚なミステリーに仕上がっている本作について、「『TRICK』や『時効警察』のような要素があるなと感じました」と語るのは、第3話の監督を務める宝来忠昭監督だ。

本作が放送されている「金曜ナイト」という枠にも特別な思い入れがあったという彼に、出演者や第3話の見どころについて聞いたインタビューが届いたので紹介しよう。

◆監督から見た“出演者たちの印象”

第3話からの参加に「すんなり入り込めたなぁという環境でもありました」と語る宝来監督。出演者たちひとりひとりの印象をこのように語っている。

——主人公・弥生圭を演じる玉森裕太さんの印象は?
宝来:「玉森さんは、本当にひとつひとつのシーンを意識して考えているなと思いました。

ドライや段取り(撮影前にお芝居や動きを確認すること)をしているときも、玉森さんは常に色々と考えている方なので、その思いをどうお芝居に出していただき、どう撮るか…。色々と積極的にやりとりしようと思って撮影していました。

特に圭に関しては、玉森さんご自身が思っていることや考えていることがあるんだろうなって感じるんですよ。なので、そこをもっと広げるために、コミュニケーションを大事にしました」

——そのコミュニケーションではどのようなやり取りがありましたか?
宝来:「例えば、シーンごとに『圭としての気持ちはどうなのか?』ということを玉森さんに委ねました。『この部分は、こう動くのはどうですか?』と玉森さんが提案してくださった動きを結構取り入れています

圭は立っているのか? 座っているのか? どちらの気持ちなんだろう? というような細かい所も、圭として玉森さんに委ねた感じです。

推理のときや、一件落着したときなど、各シーンでの表情についても『こういう思いだから、こういう表情ですよね』っていう、確認のやりとりもしましたし、とても楽しい作業でした

——周防斎を演じる、小山慶一郎さんの印象は?
宝来:「小山さんは、斎というキャラクターをどう見せたらいいのか、というのをすごく考えていらっしゃいます。お芝居でちょっとやりすぎたなと思われたときは、聞きに来てくださるんですよ。

『やりすぎなら言ってくださいね』とか、『やっぱりちょっとやりすぎでしたよね?』とか…(笑)。斎という役割をすごく意識してくださるので、とてもバランスが取りやすかったです。

気にかけてくださる分、斎としての鋭さも発揮されますし、キャラクタ―をすごく立てやすくなります

©テレビ朝日

——早乙女果林を演じる新木優子さんの印象は?
宝来:「とても勘の良い方で驚かされましたし、そこは玉森さんとも似ている所がありますね。

3話って果林の立ち位置が難しいんです。例えば、刑事としてどこまでの立ち位置にいるのかっていうのとか。でも僕が『もう少し刑事っぽさを入れましょうか?』と話したら、新木さんがすぐに対応してくださり、その変わり方のさじ加減も含め、対応力がすごくある方だなと感じました。

圭に対する思いも、単なる“嫌い”ではないし、その複雑な思いをうまく表現できたらいいなと。新木さんが元々考えてくださっているものに、僕からは要素として、何かうまく足せるような話をちょっとしました」

©テレビ朝日

——シモン藤馬を演じる古川雄輝さんの印象は?
宝来:「古川くんは、空き時間に色んな話をしてくれるんですよ。他の作品についてとか、監督についての話とか…。

3話ではシモンが酔っ払うシーンがあるんですけど、僕が何も言っていないのに古川さんが素晴らしいシモンを見せてくれたので、もう言うことないなぁと(笑)。ただ、古川さんから『この台詞をプラスで言っていいですか?』あるいは『言わなくてもいいんですかね?』っていう相談をされることはありました」

◆第3話の見どころは“蜘蛛の巣シーン”?

宝来監督がメガホンを握った第3話では、雑誌のアウトドア企画で登山に来ていた圭、斎、シモンと撮影クルー、そして圭を監視するためにその場に居合わせた果林が、あるロッジを訪れる。そこで「密室殺人」が発生する!

しかも圭は、自らが鍵をかけた“完全密室”で死体と二人きりという状況におかれてしまう。

そんな第3話の見どころについて、宝来監督はこのように語っている。

——第3話では「密室殺人」が起きますが、特にこだわったポイントは?
宝来:「“密室”ということで、ずっと一か所にいることになるので、心理描写や緊張感などをどう表現するか、を色々考えました。

また、その緊張感のなかで、圭、斎、シモンと刑事の果林というそれぞれのキャラクターが、より際立つような感じになれば良いなと思って撮りました」

——おすすめのシーンは?
宝来:「『おすすめのシーンはこれ!』というよりも、ひとつひとつの積み重ねだったりするんですが、しいて言えば、蜘蛛の巣に驚いた果林とそれを見ていた圭とのシーンですかね。

『3話の果林のツンデレなところって可愛いですよね』と古川くんも言ってくれて『そうだよね』という話はしていたんです。

仮にもしその“蜘蛛の巣シーン”を編集でカットしたら、その前後は、ただ事件を追っているだけになってしまうんですが、このシーンがあることでちょっと違うエピソードも生まれるっていう…。

事件を解決するときの、圭・斎・シモン3人の関係性や、果林との関係性が見えるので、ただ事件を追うだけじゃないですし、そこが面白いドラマだと思います」

——第3話の撮影で苦労されたことはありますか?
宝来:「山中のロッジが、実際のロッジとしては、とても快適に過ごせる場所なんですが、限られたスペースの中で撮影するには機材もありますし芝居もありますし、『おっと、これどう撮るんだ?』と悩む事もありました。

特に、事件発生や事件解決に向けて大人数が大集合しちゃうと、どうしたもんだ…という感じで。密室作品ならではの悩みと言いますか(笑)。

スタジオのセットではなく、リアルなロッジをお借りして撮ったので、映像からも密室の圧迫感とか、緊張感は伝われば良いかなと思います。役者さんとスタッフみんな、あの手この手で工夫しながら撮影しました」

ミステリー作品ではおなじみの“密室殺人”が、『重要参考人探偵』ではどのように描かれるのか? その真相はもちろんのこと、登場するキャラクターたちの関係性も意識しながらストーリーを追うと、より一層楽しめるかもしれない。

出演者、スタッフ全員で試行錯誤しながら作り上げたという第3話は、11月3日(金・祝)放送だ!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』第3話
2017年11月3日(金・祝)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1