テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

オヤジの一念発起!テレビ朝日・田畑祐一アナが17年ぶりにプロレス実況復帰

10月9日(月・祝)に両国国技館にて行われる新日本プロレスが送る秋のビッグマッチ「10.9 両国 KING OF PRO-WRESTLING」。

この“両国大会”で、テレビ朝日・田畑祐一アナウンサーが57歳にして実に17年ぶりのプロレス実況復帰を果たします!

 

◆「時は来た!」田畑アナ、プロレス実況復帰!

アントニオ猪木・長州力・藤波辰爾・武藤敬司・橋本真也・蝶野正洋ら錚々たるレスラーたちが凌ぎを削った1990年代にプロレス実況を担当していた田畑アナ。

このたび17年ぶりに現場に復帰することになりますが、田畑アナといえば、その圧倒的な声量とストレートな実況で数々の名試合を実況!

なかでも、1994年に始まったジュニアヘビー級(体重100kg未満)のレスラーたちによる最強戦士決定戦「BEST OF THE SUPER Jr.」の第1 回大会決勝、獣神サンダーライガーが初代王者に輝いた“あの試合”を覚えているファンは少なくないでしょう

実は、当時プロレスに憧れを抱いてテレビ観戦していたKUSHIDA選手もそんなファンのひとりで、「田畑アナの実況をいつも聞いていました」と懐かしそうに思い出を語ります。

その後2000年にプロレス実況を卒業した田畑アナですが、今回17年ぶりにプロレス実況に復帰することが決定! スポーツ実況で17年も離れていた競技への“実況復帰”は異例中の異例で、さらに今回の復帰の舞台は、新日本プロレス秋のビッグマッチ“両国大会”!

しかも、担当試合は(田畑アナの実況に思い出をもつ)前出のKUSHIDA選手が王者として防衛戦に挑むIWGP Jr.ヘビー級選手権! 想像を超えた異次元の身体能力を持つイギリス人レスラー、ウィル・オスプレイ選手と戦うタイトルマッチを、田畑アナは17年ぶりの実況でどう伝えるのでしょうか?

田畑アナに、意気込みを聞いてみました。

©テレビ朝日

(以下、田畑祐一アナウンサーからのコメント)
「17年ぶりの復帰戦を迎えるにあたり、かなりのプレッシャーを感じています。この間、ただのプロレスファンとして見ていた試合をいざ実況アナウンサーの目で見るようになると、如何に17年間でプロレスが変化、進化、複雑化しているかということを痛感し、改めてプロレスの難かしさと楽しさを味わっているところです。

レスラーのレジェンドがリングに上がると大歓声が上がりますが、果たしてアナウンサーのオールドボーイが実況席に座るとどんな反応があるのか…。今から血圧が上がって動悸息切れが止まりません! 単なるノスタルジーではなく、熟年の魅力を加えられるよう頑張ります!」

田畑アナがプロレス実況を卒業した2000年以降の数年間は、総合格闘技の台頭もあってプロレス人気が低迷する時期もありましたが、現在はオカダ・カズチカ選手、棚橋弘至選手、真壁刀義選手、内藤哲也選手といった新たなスターレスラーたちが誕生し、日本国内はもちろん、世界からも注目を集めるほど人気となっています

そんな変化と進化を遂げたプロレスの実況に、田畑アナが臨む…!「昭和のプロレスはよく見ていたけど今は見ていない」という人や、田畑アナと同世代の格闘技ファン、そして最近プロレスを好きになった人たちまで、幅広い世代が楽しめる感動と興奮の試合(実況)となりそうです。

©テレビ朝日

ちなみにこちらの写真は、1994年10月30日に行われた広島大会の一場面。タッグ戦タイトルを獲得した蝶野正洋にバックステージインタビューを試みる田畑アナですが、この直後、お気に入りの一張羅に身を包んだ田畑アナに思わぬ洗礼(悲劇?)が…!

このような田畑アナが実況し立ち会ってきた名シーンから最新の試合まで、プロレス動画が見放題のインターネット配信サービス「新日本プロレスワールド」(有料)が現在展開中。プロレスファンには不可欠です!

また、地上波では毎週土曜日の深夜におなじみ『ワールドプロレスリング』が絶賛放送中(地域によって放送日時が異なります)で、CSテレ朝チャンネルでもビッグマッチを中心に生中継を展開中。

これからさらに盛り上がっていくプロレスから、目が離せません!<文/テレビ朝日『ワールドプロレスリング』プロデューサー・櫻井健介>

【田畑祐一アナウンサー・プロフィール】
1960年6月14日生まれ(57歳)、東京都出身
1984年にテレビ朝日入社、今年2017年でアナウンサー歴33年目

長年スポーツ実況を担当し、1998年に長野で行われた冬季五輪では、女子モ-グル里谷多英、男子ショートトラック500m西谷岳文の金メダルレースを実況。サッカーでは、2004年のアジアカップ中国大会で神がかり的なPK戦の勝利で伝説となっている日本とヨルダンの準々決勝など、記憶に残るシーンを実況してきた。

バラエティ番組でも『炎のチャンレジャー』や『いきなり黄金伝説』などに出演。現在はフォーミュラE、テニスなどの実況を担当している。

※放送情報
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」
CSテレ朝チャンネル2
新日本プロレスワールド

LINE はてブ Pocket +1