テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ドラマ『オトナ高校』のスピンオフ配信決定!白洲迅が童貞官僚、片山萌美は魔性官僚に

10月14日(土)よりテレビ朝日系でスタートする土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(毎週土曜午後11:05~午後11:59放送)。

あの三浦春馬が東大卒エリートの童貞“チェリート”を演じることで早くも話題を呼んでいる同作だが、その原点を描くスピンオフドラマ『オトナ高校 エピソード0』が、「AbemaTV」および「ビデオパス」で配信されることが決定した!

©テレビ朝日

『オトナ高校』の舞台となるのは、深刻な少子高齢問題に歯止めをかけるべく政府が打ち立てた“第二義務教育法案”に基づく公的機関「オトナ高校」。異性との性体験のない30歳以上の男女、つまり「やらみそ(ヤラないまま三十路)」たちに本当のオトナになるための英才教育を受けさせる高校だ。

『エピソード0』では、この衝撃的な法案を生み出した若き官僚たちのドラマをお届け!

無謀とも言われた前代未聞の法案は、いかにして誕生し、制定されたのか? 陰謀渦巻く政治の世界で、国の未来を“本気”で考えた名もなき国家公務員の奮闘ドラマを、社会派作品もビックリの(!?)熱さ、そして本編に勝るとも劣らないコミカルなテイストをふんだんに織り交ぜながら、じっくり描く。

 

◆白洲迅が“愛すべき童貞官僚”に、片山萌美が“魔性セクシー官僚”に!

©テレビ朝日

国を大きく変える大胆な法案を考案した若手官僚役には、これからの芸能界を担っていくであろう注目の若手俳優、白洲迅片山萌美をキャスティング!

主演を務める白洲は、熱くやる気に満ちたエリート官僚・宇野颯太を演じる。

性体験のない友人の「どうして学校で手順を教えてくれなかったんだ…」という嘆きを議会で打ち出し、「第二義務教育法案」を成立へ導こうとする宇野だが…彼も実は、隠れ童貞! 「愛される童貞くんを演じたい」という熱い思いを胸に、かつてない顔芸も披露しながら、白洲が“霞が関のチェリート”を愛嬌たっぷりに演じる。

そんな宇野を翻弄するのが、片山演じるエリート官僚・小牧美和。

政界進出も目論む野心家の美和は、「第二義務教育法案」を思いついた張本人。法案成立に向けてタッグを組んだ宇野をセクシーな言動で振り回す美和だが、その根底には“ある思惑”が潜んでおり…!? 「宇野くんがなぜ彼女に惹かれるのかが分かるような可愛らしさ、セクシーさを意識している」という片山が見せる、あっと驚くもうひとつの顔にも注目だ。

 

◆ブラザートム、金田明夫、大和田伸也も出演!

また本作には、ブラザートム、金田明夫、大和田伸也らベテラン俳優も出演。

ブラザートムは、オトナ高校の第一期生や教師を選出するための追跡調査をする機密調査官・黒蕨を、金田明夫は、総理の密命のもとオトナ高校開設へ向けて動く「少子化対策議会」副議長・鳴海吾郎を、そして大和田伸也は、「少子化対策議会」議長・鬼龍院龍平を熱演。

重厚感と磨き上げられたコメディーセンスを絶妙なバランスで炸裂させながら、作品を一段も二段も引き上げていく。

 

◆白洲迅(宇野颯太・役)コメント

©テレビ朝日

――オファーを受け、“オトナ高校”という奇想天外な設定を聞いたときは、どう思われましたか?

「何も知らずに聞いたらマンガ原作だと思うような、ぶっ飛んだ設定で、“これがオリジナル?!”と着眼点の面白さに驚きました。そんな高校を作った若手官僚役で、主演を務めさせていただけるということで、素直にうれしかったですね。

――宇野を演じる上で心掛けてらっしゃることは何ですか?

「宇野はエリートなんだけど童貞くん(笑) 男なら誰でも経験する“童貞くんならではのせめぎ合い”の権化なんです。そんなこともあって、世の童貞くんが共感できるような“愛される童貞くん”を演じられたらいいな、と思いました。

『エピソード0』はかなりコメディー色が強い作品なので、僕自身もかなり“うるさい芝居”をしています(笑) もう、8割くらい顔芸です!(笑) 普段の演技でなかなかしない表情をしていると思いますね」

――共演者の印象を教えてください。

「片山萌美さんはすごく真面目。きっと熱い方なんだろうな、と感じました。今回は片山さん演じる美和に振り回される役どころなんですけど、一緒にお芝居をしていると片山さん自身の熱量に押される部分もあって、すごくやりやすいです。

金田明夫さん、大和田伸也さん、ブラザートムさんら、大御所の方々との芝居は勉強になることばかりです。現場でもどんどん面白いアイデアを出してくださるので、僕もそれに応える形で芝居を考えていく過程がすごく楽しかったです!」

――ちなみに、もしも白洲さんが官僚だったら、どんな学校を作りたいですか?

「うわ~、悩むなぁ…。う~ん…僕、Mr.Childrenさんの大ファンなんです。なので、ミスチルのことだけを学べる学校を作りたいです。何なら、僕が先生になりたいくらいです!(笑)」

――最後に、視聴者へメッセージをお願いします。

「『エピソード0』はぶっ飛んだ内容で、何も考えずに笑って見てもらえる作品。かと思いきや、少子化問題といった今の日本の問題をリアルに、かつタイムリーに扱っている作品でもあるんです。世の童貞くんに共感していただきたいのはもちろん、“もう一歩踏み出す力をこの作品からもらった!”と言っていただけたら、最高に嬉しいです!」

 

◆片山萌美(小牧美和・役)コメント

©テレビ朝日

――オファーを受け、“オトナ高校”という奇想天外な設定を聞いたときは、どう思われましたか?

「ビックリしました! 普通だとピー音で隠すようなセリフも飛び出すような、ものすごい設定ですからね。でも、今の世の風潮を考えると、在り得なくもない話なので、どんなふうになるのか楽しみになりました。

また、これまで巡り合えなかった“難しい言葉を使う役”を頂けたことも嬉しくて! カッコいい女性でありながら、ちょっと謎めいた部分もある魅力的な役なので、ワクワクしました」

――美和を演じる上で心掛けてらっしゃることは何ですか?

「監督から『みんなを説得するように、熱くセリフを言ってほしい』と言われたので、理解してほしいという一生懸命さを出すよう意識しています。

会議のシーンでは、“内閣府”というような、私が普段口にしない言葉がたくさん出てくるんですけど(笑)、自分が理解できていない言葉は伝わらないと思ったので、撮影前に必死で勉強しました。雰囲気の部分では、宇野くんがなぜ彼女に惹かれるのかが分かるような可愛らしさ、セクシーさを意識しています」

――共演者の印象を教えてください。

「白洲迅くんは人見知りらしく、最初は会話でも素っ気ない印象があったんです。でも慣れてきたら、どんどん私のこともイジってくれるようになって…!(笑) お芝居でも果敢に顔芸に挑むなど、すごく熱心で魅力的な方なので、彼を際立たせられるようなお芝居をしたいな、と思っています。

金田明夫さん、大和田伸也さん、ブラザートムさんには本当に感謝の言葉しかありません! 言い回しのナチュラルさ、隙の無い目線や表情…どれをとっても素晴らしい演技をされる方々なのに、物腰がとても柔らかくて…。初日、最初は緊張しまくっていたんですけど、皆さんの優しさに包まれて、本番には少しリラックスした状態で臨めたんです。“皆さんのようなオトナになりたい!”と思いました」

――ちなみに、もしも片山さんが官僚だったら、どんな学校を作りたいですか?

「私自身、ネガティブなところがあるので、ポジティブな気持ちになれる学校を作りたいです。とにかくみんなが褒めてくれて、何事も同意から入るような…(笑) と同時に、自分自身も人の良いところを見つけられるような教育をしてくれる、優しい学校があったらいいな、と思います」

――最後に、視聴者へメッセージをお願いします。

「『エピソード0』は本編のドラマの裏側が見られる作品なので、きっと楽しんでいただけると思います。個人的に、会議のシーンは本当に頑張ったので、ぜひとも注目していただきたいです!」

 

※配信情報:『オトナ高校 エピソード0
2017年10月8日(日)よる10時より、インターネットテレビ局「AbemaTV」、auの動画配信サービス「ビデオパス」にて配信スタート!

※番組情報:土曜ナイトドラマ『オトナ高校
2017年10月14日(土)スタート! 毎週土曜よる11時05分~、テレビ朝日系列

LINE はてブ Pocket +1