テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

内村航平の最大のライバル!オレグ・ベルニャエフはこんなにもナイスガイ!【世界体操】

10月2日に開幕する、オリンピックと並ぶ体操の世界一決定戦「世界体操」。

今回の大会で最も注目したいポイントのひとつが、世界体操の「個人総合」で6連覇中の“キング”内村航平選手と、その最大のライバルであるウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手の戦いです。

 

◆内村「次はオレグに勝てる自信がない」

ベルニャエフ選手は、8年間無敗・40連勝中の内村選手をこれまでで最も脅かした男。リオ五輪個人総合では、金メダルを獲った内村選手にわずか0.099点差と肉薄しました。

そんなかつてない大接戦を演じたベルニャエフ選手について、試合後の会見で内村選手は「次はオレグに勝てる自信がない」と思わず一言もらしたほど。

“世界一美しい演技”をする内村選手と、高難度の技を誰よりも多く取り入れた“世界一難しい演技”をするベルニャエフ選手。この2人の戦いから目が離せません。

 

◆日本でも話題になった“男気”

また、リオ五輪のときにはこんな出来事もありました。

結果的に個人総合で銀メダルとなったベルニャエフ選手でしたが、試合後の会見で海外メディアから内村選手に対して「あなたは審判に好かれているようですが?」という意味深な質問が飛ぶと…?

ベルニャエフ選手は、「採点はフェアで神聖なもの。今のは無駄な質問だ」とバッサリと切り、内村選手を擁護。

この、内村選手に対するリスペクトにあふれた男気ある対応は、日本でも大きな話題になりました。

 

◆祖国を愛する苦労人

そんなナイスガイで一流選手でもあるオレグ・ベルニャエフ選手ですが、元々ウクライナ政府の体操への待遇はそこまで充実しておらず、恵まれない練習環境で競技を続けてきました。

それでも努力を続け、次第に成績を収めてくると、他国から厚待遇での国籍変更のオファーがきます。しかし、ベルニャエフ選手はそれでも“祖国”のために留意し、リオ五輪で自身初のメダルを獲得しました

そんなベルニャエフ選手の昨今の活躍により、ウクライナ体操界の状況は好転。

リオ五輪後には首都・キエフのマンション1部屋を国からもらうなど、現在ベルニャエフ一家でマンションを4部屋も所有。

さらに世界大会で次々と優勝し、その賞金で生活も潤ってきました。愛車はポルシェで、なんと彼が好きなオレンジ色の特別仕様になっています!

まさに、体操で裸一貫成り上がってきた男、オレグ・ベルニャエフ。

内村選手との戦いはもちろん、来る世界体操では、彼のナイスガイぶりにもぜひ注目してみてください!

世界体操:放送日程(テレビ朝日系)

内村航平とオレグ・ベルニャエフが戦う【男子個人総合決勝】は、10月6日(金)よる7時~9時48分に地上波で放送!

<そのほかの放送日程>
10月7日(土)地上波 午前10時30分~11時50分【女子個人総合決勝】
10月8日(日)地上波 午前10時~11時50分【種目別決勝 第1日】
10月9日(月)地上波 午前9時55分~11時45分【種目別決勝 第2日】

LINE はてブ Pocket +1