テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「リングでは芸歴関係ない」品川祐、若手芸人10人と笑いなしで格闘技ガチ対決

あの秋元康氏が明日のスター・ディレクターを育成すべく、企画監修を担当する番組『EXD44』

10月1日(日)に放送される同番組では、品川庄司・品川祐が腕っぷし自慢の若手芸人10名を相手に格闘技対決を敢行! 笑い一切なしの熱い戦いを繰り広げる。

©テレビ朝日

◆実は格闘家な一面も…

芸人、役者、監督、とマルチな才能を持つ品川は、実は修斗やブラジリアン柔術などの練習にハードに取り組む格闘家としての一面も。このたび、そんな品川と直接対決をするため、厳正なるオーディションを勝ち抜いてきた10名の若手芸人とリング上で対決することになった。

まるで芸人であることを忘れたかのように格闘技に打ち込む日々を送る品川は、「俺のことを倒せるヤツが何人いるか…」と豪語。

そこで番組では『品川から3カウント取ったら10万円バトル』と銘打ち、腕っぷしに自信のある者たちを招集した。「リングの上では芸歴とか関係ない」と気合十分の挑戦者たちと品川による、笑い一切なしの戦いの火蓋が切って落とされる!

 

◆とんでもない猛者が集結?!

“打倒・品川”を掲げて集結したのは、体重110キロの巨漢、アメフト経験者、現役陸上選手、元プロサッカー選手、プロ野球ドラフト指名候補生だった実力者、握力70キロで水球の国体出場経験もある男、空手全国チャンピオンにも腕力で勝ったという岸和田の元ヤンキーといった、そうそうたるメンバー。

入場時から目つきが鋭すぎる者、体格で品川を大きく上回る者などがズラリと顔を揃える。

「1R90秒という制限時間内に両肩がマットについた状態で3カウントとったら勝利」というのが今回の勝負のルール。時間切れの場合は品川の勝利となり、次の挑戦者との勝負に移行する。関節技が決まった場合にはレフェリーストップもあり。10名と続けて対戦しなくてはならないということで、品川のスタミナ面も憂慮されるのだ。

果たして品川は、10名の猛者たちを倒し続け、見事「10人抜き」を達成することができるのか!? 『品川から3カウント取ったら10万円バトル』 ――笑いを忘れ本気で勝負するお笑い芸人たちの戦いは見逃せない!

※番組情報:EXD44
2017年10月1日(日)深夜0:40~1:10、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1