テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

長嶋茂雄と松井秀喜、伝説の「10.8決戦」を語る!あの送りバントの真相とは?

日本人なら誰もが知るスポーツの名シーンの裏側や新事実を明らかにするドキュメンタリー特別番組『神様に選ばれた試合』

©テレビ朝日

9月24日(日)に放送される同番組では、国民栄誉賞を受賞した師弟の長嶋茂雄と松井秀喜が選ぶ「神様に選ばれた伝説の10.8決戦」にフォーカスする。

◆長嶋茂雄と松井秀喜の“野球哲学”と“師弟愛“

日本プロ野球史上初めて、リーグ戦の勝率が同率首位で並んだチーム同士が最終戦で直接対戦した1994年10月8日。

その試合は、プロ野球中継の歴代視聴率1位48.8%(ビデオリサーチ調べ 関東地区) を記録した「国民的行事」だった。

2013年5月、国民栄誉賞の会見で長嶋と松井は、「最も印象に残った試合は?」という質問にともにこの試合をあげた。

©テレビ朝日

この日の放送では、その理由と師弟愛を2人の独占インタビューで紐解いていく。勝てば天国、負ければ地獄、数々の伝説を生んだ10.8決戦だが、「決勝点を生んだプレー」は今まで語られることがなかった。

実はこの試合では、長嶋のサインで当時20歳の松井は“プロ野球人生初の送りバント”を決めている。そして、この送りバントが勝敗を決める決勝点に繋がっていた。

その真相を長嶋茂雄、松井秀喜が独占告白。そこには2人に共通する“野球哲学”と“師弟愛“が溢れていた!

※番組情報:『神様に選ばれた試合
2017年9月24日(日)午後1時55分~、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1