テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ルー大柴、僅か3年で芸能界から消えた理由は「最強ナルシスト野郎」だったから

過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが、「自分のような人間を増やすまい!」という熱意を持って生徒たちにしくじった経験を教える反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

特別編として放送される9月22日(金)の同番組には、タレントのルー大柴が登場。

“ナルシスト過ぎて、芸能界から消えちゃったティーチャー”として、「ナルシストな行動で周りを不快にさせて嫌われないための授業」を行う。

©テレビ朝日

ルーは1989年、35歳のときに大ブレーク。「トゥギャザーしようぜ」が流行語になり、民放各局にレギュラー番組を持つ売れっ子となった。

しかしその後、わずか3年間でさまざまな“嫌いなタレントランキング”で首位を独走。レギュラー番組も失ってしまったという。

ルーはその転落の原因を「かつての自分は、自分のことが大好きでたまらない“最強ナルシスト野郎”だったから」と分析する。

©テレビ朝日

授業では、世間から嫌われまくった自分だからこそ教えることができる、“ナルシストが嫌われる3つの特徴”を伝授!

そして、自らのしくじり経験を振り返りながら、ナルシストが周囲から愛される方法を考えていくもちろん授業は、ところどころ英語を織り交ぜた“ルー語”が満載! はたして、ルーの授業は感動を呼ぶのか…!?

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2017年9月22日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1