テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

早くも話題!黒柳徹子に、そっくりアンドロイド「totto」がムチャブリかます!【動画】

40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子。

そんな黒柳とその家族の激動の昭和史を描くドラマ『トットちゃん!』が、10月2日(月)からスタートする。

ドラマでは、これまで映像化されてこなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。

©テレビ朝日

そして、そんなドラマのスタートを記念し、最新工学技術を駆使した黒柳のアンドロイド「totto」が開発された

 

◆『徹子の部屋』の会話データで…

テレビ朝日主導のもと、電通、電通テック、エーラボと、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学・石黒浩教授(ATR客員所長)監修によって開発された「totto」。

その声は、42年にわたる『徹子の部屋』の会話データをもとにNTTテクノクロス株式会社が開発した最新の音声合成技術を用いて作成。さらに、2018年には自律会話システムも搭載し、さまざまな場所で徹子との“おしゃべり”が楽しめるようになる予定だという。

制作においては、3Dカメラで黒柳徹子本人をスキャンして等身大の型を作成し、表情やしぐさ・癖なども研究。また、発話に合わせてリアルな口の動きを生成するATRの技術も採用するなど、最新工学技術が駆使されたアンドロイドだ。

 

◆アンドロイド「totto」、司会に挑戦?!

そして、この誕生したばかりの「totto」と黒柳本人が対面!

目の前に現れた自分のアンドロイドに、黒柳は「あらま! あなたすごくキレイね! ビックリしちゃったわ!」と目を丸くしたが、tottoから「お目にかかれてうれしいわ。似ているかしら?」と挨拶され、「あなた、ずいぶん私とソックリね。面白いわ!」と好奇心満々な笑顔を返した。

するとそのまま、tottoはおなじみの音楽にのせながら「皆さま、こんにちは。『tottoの部屋』でございます。今日はすごい方がお見えになりました」と黒柳をゲストに迎えたトークを開始!

黒柳に「あなたパンダのものまねができるんですって? ちょっとやって下さる?」とムチャブリをしておきながら「私、パンダの鳴き声って知りませんけど…」と、“芸人泣かせ”として知られる黒柳のように受け流す姿を見せる場面も。

絶妙な間と、なんとも言えない空気感で展開される2人のトークは必見! ぜひこちらの動画でチェックしてほしい。

tottoは1、0月スタートの帯ドラマ劇場『トットちゃん!』の予告編に毎日登場し、おしゃべりを披露する予定。はたしてどんな活躍を見せてくれるのか? 今後も注目だ。

※黒柳徹子のアンドロイド「totto」公式ウェブサイトはこちら

※番組情報:『トットちゃん!
2017年10月2日(月)スタート!ひる12:30~12:50(毎週月~金)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1