テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

さだまさし所有の島を丸ごとリフォーム!自らペンキ塗りも!『劇的ビフォーアフター』SP

狭さや老朽化などさまざまな問題を抱えた家が、一流の建築士である“匠”たちの見事なリフォーム術によって劇的に大変身する過程が話題となってきた人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』

4月2日(日)、ABC・テレビ朝日系にて同番組の特別版『大改造!!劇的ビフォーアフター 2時間スペシャル』が放送される。

©ABC

35年間手入れナシの島をまるごと大リフォーム

今回の依頼人は、歌手・さだまさし。そして、番組がリフォームするのはなんと、さだが所有する“島”だ。

©ABC

その島は、さだの故郷・長崎県の中央に位置する大村湾の南西に浮かぶ「詩島(うたじま)」。38年前に、ロビンソン・クルーソーに憧れたさだが26歳で購入し、もともと「寺島」という名前の島だったところ、「寺」に「ごんべん」をたして島名を「詩島(うたじま)」とあらためた。

しかし、自ら監督や主演を務めたドキュメンタリー映画『長江』を製作したことで、35億円という多額の借金を抱えてしまったさだは、借金返済に追われ、島の手入れをする余裕がなかった。そのため、肝心の島は35年間放ったらかしとなり、建物は老朽化が進み崩壊寸前の状態に。

前人未到の4000回にもおよぶコンサートなどをおこない、ようやく5年前に借金を完済したさだ。そんな彼のなかで、詩島をかつてのようにワクワクする島に蘇らせ、友人たちと島で過ごしたいという気持ちが高まる。そこで、さだが大ファンだという同番組に島のリフォームを依頼。

©ABC

その願いを叶えるべく立ちあがった匠は、「森の木の代弁者」こと松永務。松永はこれまで、東京・八丈島の家(「窓を開けてはならない家」2012年7月22日OA)をはじめ、芸人・小島よしおの実家、そして、日本最南端の有人島、波照間島でも大改造をおこなってきた。

©ABC

さだ本人も全国のコンサートツアーの合間をぬい、リフォームの手伝いに参戦。学生時代にアルバイトで経験があるという「ペンキ塗り」などをこなしていく。

はたして、どのような島へと生まれ変わるのか…?!

※番組情報 『大改造!!劇的ビフォーアフター 2時間スペシャル
2017年4月2日(日)午後6:57~午後8:54、ABC・テレビ朝日系24局

※「詩島」は個人所有の島で、一般の方の立ち入りは禁じられています。また、宿泊などの受付は行っておりません。

LINE はてブ Pocket +1