テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

鴨志田(伊東四朗)が弁護士殺害事件に迫る!『おかしな刑事』の傑作を放送

警視庁東王子署 警部補・鴨志田新一(伊東四朗)と、彼が別れた妻とのあいだにもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)の絶妙な掛け合いが評判の人気ドラマシリーズ『おかしな刑事』

©テレビ朝日

9月10日(日)の『日曜ワイド』では、ミステリー傑作選として同作の第11弾「おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査」が放送される。

ドラマでは、エリート女性弁護士の絞殺体が荒川水門で発見される。事件の背後には、彼女が調べていた過去の冤罪事件の存在が…!? 複雑に絡みあう2つの事件の謎に、デコボコ父娘コンビが挑む!

 

◆あらすじ

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

鴨志田たち東王子署の刑事部は、有名弁護士・大脇修一郎(勝野洋)の協力のもと、振り込め詐欺グループの中枢メンバーの逮捕にこぎつけた。大脇は冤罪事件で名を挙げた人権派の弁護士で、真実の上司である警察庁刑事局長・田中孝典(上杉祥三)の高校時代の先輩でもあった。そして、鴨志田と真実の同居人である新米弁護士・姉小路行人(石井正則)は、奇しくも大脇が営む法律事務所で働きはじめたばかりだった。

©テレビ朝日

そんな中、2カ月前まで大脇の事務所に所属していた若手弁護士・新田加奈子(叶千佳)が絞殺体となって荒川水門で発見される。田中刑事局長の指示で真実も鴨志田と共に捜査に当たることになるが、大脇によると加奈子は認知症の母・芳江(小貫加恵)の介護のため事務所を辞めたという。加奈子の自宅マンションを調べた鴨志田と真実は、6年前に杉並区内で起きた“女性教師殺人事件”の裁判記録を発見する。

その事件は2008年、女性高校教師がレイプ寸前に絞殺されたもので、無職の男・浜口太(大竹浩一)が逮捕起訴され一審で無期懲役が下ったものの、大脇の弁護により二審で逆転無罪、最高裁で無罪が確定していた。なぜ加奈子は今頃、その事件を調べていたのか…!?

©テレビ朝日

気になった鴨志田は、当時捜査を担当していた荻窪南署の刑事・宇山聡(赤塚真人)と会うが、あの事件は汚点だといい、多くを語ろうとしない。事件を機に職を辞した元刑事・吉沢紘一(森次晃嗣)のもとも訪ねるが、彼はいまだに浜口の犯行を信じ切っていた。

その矢先、加奈子に大量のメールを送りつけていたレンタルビデオ店店長・寺本浩二(小椋毅)が捜査線上に浮かぶ。捜査本部は、ストーカーの寺本を“ホンボシ”とにらむ。だが鴨志田は、女性教師殺人事件の真相を追っていた加奈子が浜口に接触し、6年前の事件の新事実をつかんだ末に殺害されたのではないかと推理。

浜口は、暴力団のフロント企業でもある人材派遣会社に勤務していたことを調べ上げる。実は先日、鴨志田たちが摘発した振り込め詐欺グループも、同じ暴力団が関与していたが、2つの事件はつながっているのか…!? その直後、なんと浜口も変死体となって見つかって…!?

※番組情報 :『日曜ワイド
2017年9月10日(日)午前10:00~午前11:50、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1