テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「彼氏つくれ!」「ジャージ外出禁止!」新体操日本代表が受ける意外すぎる教え【世界新体操】

8月30日(水)から開幕している新体操の世界選手権「世界新体操2017イタリア・ペーザロ」に出場している新体操日本代表・フェアリージャパンPOLA。

初日に個人2種目が行われ、種目別決勝のフープで20歳の皆川夏穂が銅メダルを獲得! 日本にとって個人では42年ぶりの表彰台という快挙を成し遂げました。

9月2日(土)には団体総合決勝、9月3日(日)には団体種目別決勝が行われますが、前大会となる2015年の世界新体操にて種目別のリボンで40年ぶりのメダルを獲得した日本代表団体は、今回どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

その戦いから目が離せません。

さて、ここでは、そんな「フェアリージャパン」にまつわる“意外な事実”を紹介していきます。これを知れば、あなたもフェアリージャパン、そして新体操に興味津々になること間違いなし!

 

◆ロシアの大物コーチ、インナ・ビストロヴァ

フェアリージャパンのメンバーは、練習施設の近くに共同生活をしながら、1日8時間、日曜日以外は毎日練習に励んでいます。また、2009年からはロシアにもうひとつの練習拠点を置き、1年の半分はロシアで練習しているのです。

そんなロシア練習のコーチは、インナ・ビストロヴァ氏。フェアリージャパンの監督と言える存在です。

©テレビ朝日

インナコーチは、リオ五輪まで5大会連続で団体金メダルを獲得してきたロシア代表のコーチもかつて務めていた世界一の指導者! その教えは、練習外の普段の生活にまで及びます。

 

◆「彼氏をつくりなさい」

インナコーチの特徴は、「美・表現へのこだわり」がとても強いということ。

練習では、フリ入れ段階から大げさなくらいの表情・表現をつけるよう選手に求めており、練習中に暗い顔をしている選手がいれば退出させる徹底ぶり…。選手たちには、意識レベルから変えるために、「舞台に上がればあなたたちは女優よ」と教えています。

また、驚くべき“指導”のひとつが、選手たちに「彼氏をつくりなさい」と指示していること!

一般的な感覚だと「恋愛にうつつを…」などと思ってしまいそうですが、恋愛をすることでさまざまな感情・表情を覚え、それによって表現力に磨きがかかるという思いから、このような教えを施しているそうです。

 

◆練習でも必ずメイク!「常に綺麗に着飾りなさい」

©テレビ朝日

そして、インナコーチが就任した2009年からは、選手たちは練習でも必ずメイクやマニキュア、ピアスをするようになりました。

さらに、練習外であっても「常に綺麗に着飾るように」と指導され、ジャージのまま外に出るのは禁止! それまでは華美な服装は禁止されノーメイクで生活していたフェアリージャパンにとって、これは衝撃の教えだったといいます。

ここにも、「常に見られることを意識しなさい」という、美・表現へのこだわりが強いインナコーチの特徴が表れているんですね。

 

◆上下関係なし!気を抜くとガニ股?!

このほかにも、フェアリージャパンには知られざる意外な事実がたくさん!

たとえば、「チームが成長するためには(年齢が)下の選手の意見も貴重な財産になる」という方針から、フェアリージャパンには上下関係が一切ないのです。練習中も日常生活も、選手たちは常に“タメ口”で会話をしています。

そして、新体操では“綺麗な立ち方”としてつま先を90度開いて立つように指導されるので、気を抜くと歩きが「ガニ股」になってしまうというのも、新体操選手の驚きの特徴のひとつです

そうして、日常生活においても新体操を軸に日々を過ごしているフェアリージャパン。

9月2日(土)・3日(日)に行われる団体で、彼女たちはどんな表現を見せてくれるのでしょうか? その美しさを楽しみながら、イタリアの地での戦いを応援しましょう!

※放送情報『世界新体操2017イタリア・ペーザロ』(テレビ朝日・地上波)
・9月2日(土)深夜3時~5時:団体総合決勝
・9月3日(日)深夜0時40分~2時10分:団体種目別決勝

中継リポーターには、フェアリージャパンの一員としてリオ五輪に出場し、現在はスポーツコメンテーター・モデルとして活動している畠山愛理さんが登場!

LINE はてブ Pocket +1