テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

倉本聰も「奇跡の顔ぶれ」と感慨。“シルバー革命”ドラマ『やすらぎの郷』、3日からスタート

脚本家・倉本聰が「奇跡のような顔ぶれ」と表する俳優陣が集結し、平日昼に“シルバー革命”を起こす。そんなドラマ『やすらぎの郷』が4月3日(月)にスタートする。

©テレビ朝日

本作は、テレビ朝日が平日の昼に放送枠を新設して届ける「帯ドラマ劇場」の第1弾。

テレビ人専用の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」を舞台に、主演の石坂浩二、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、名高達男、野際陽子、藤竜也、風吹ジュン、松岡茉優、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭といった錚々たるメンバーが顔をそろえ、「La Strada」で起きる悲喜こもごもの出来事を紡いでいく。

 

倉本聰「若者向けになったテレビに“シルバー革命”起こす」

倉本聰は、役を演じる俳優をあらかじめ決めてから脚本を書く“当て書き”のスタイルを得意とするが、この『やすらぎの郷』も当て書きで執筆したという。

3月16日に行われた制作発表記者会見で倉本は、「僕は当て書きすることが多いんですが、その人の短所や欠点をクローズアップして書くようにしている。ここにいらっしゃる出演者の大半とは古い付き合いで、欠点も弱みもほとんど掴んでおりますので(笑)、そこをくすぐってあげると非常に面白いものになるんじゃないかな、と楽しみながら書かせていただきました」と執筆作業を振り返った。

本作では、実生活で元夫婦だった石坂浩二と浅丘ルリ子が共演することが話題となっており、ドラマ序盤には2人の「久しぶりの再会からの抱擁シーン」が挿入されているというが、これぞまさに倉本にしか書けない“当て書き”の脚本といえるだろう。どんなシーンになっているのか、注目だ。

また倉本は、「今、僕の周囲は高齢者ばかりで、朝5時半か6時には起きてしまうという。その後、テレビを見ても情報番組ばかりでやることがないというんです。そんななか、どうして老人が見られるドラマがないのか、ゴールデンに対抗して“シルバータイム”というものができないかと思い、今回の企画を立てました。若者向けになってしまったテレビに“シルバー革命”を起こせたらいいな、と考えております」と本作への意気込みを語る。

シルバー世代のお昼の過ごし方を大きく変えることになるかもしれない本作。倉本聰の“本気”から目が離せない。

 

キャスト陣は倉本脚本に四苦八苦?!

©テレビ朝日

そして、ドラマの世界観を作り上げる“奇跡のような”キャストたち。記者会見では、彼らから楽しくも手ごわい倉本脚本への“悲鳴”とも言えそうな声が聞かれた。

浅丘ルリ子が「毎日脚本を覚えることに追われて大変」と言えば、八千草薫は「膨大なセリフと長いシーンで緊張が続く日もあります。スタミナとの戦い(笑)」と一言。他の面々からも“セリフの大変さ”に関する話が多く聞かれたが、主演の石坂はこれを受け、「皆さん苦しいとおっしゃっていますが、本当はわたしが一番苦しい!(笑)」と話し会場の笑いを誘った。

また、寡黙な元任侠スター役を演じる藤竜也は、その役柄のため、「時々、『うー』とか『あー』とか言うだけ」らしく、「セリフが少なくてうれしい(笑)本当に楽しいです」と話して会場を笑わせる。

石坂は、「テレビというのは空気が伝わるものと信じているので、楽しい雰囲気で作られたドラマには楽しい風が流れると思っております」とコメントしていたが、このようなユーモアあふれるやり取りからは、役者陣がもがきながらも楽しく、体当たりで現場に挑んでいる様子が伝わってきた。

◇◇◇

4月3日(月)からスタートする『やすらぎの郷』。大スターたちが繰り広げるノスタルジー漂う人間喜劇は、撮影現場の雰囲気そのままに、日本のお昼に温かい風を吹かすだろう。

※番組情報 帯ドラマ劇場『やすらぎの郷

2017年4月3日スタート、毎週月~金・午後0:30~午後0:50、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1