テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

【世界ラリー(WRC)】ラトバラ、ステージ優勝も出遅れる 第10戦ラリー・ドイチェランド デイ2結果

現地時間の8月18日、FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・ドイチェランドのデイ2(SS2~SS8)が行われた。

この日のトップは、フォードのオット・タナク。2位にはシトロエンのアンドレアス・ミケルセンがつけ、3位にはヒュンダイのティエリー・ヌービルが続いた。トップのタナクは7つのSSのうち3つのステージ優勝を決め、リードを確保した格好だ。
トヨタのラトバラは、SS4終了時までは総合5位とまずまずの位置につけていたのだが、SS5のスタート時にエンジンからは通常とは違うノイズが聞こえ、パワーが全然出ていない状態となってしまった。このため、ラトバラは1分30秒ほどのロス。トップ10以下へと大きく順位を後退させてしまった。SS8ではステージ優勝を取ったが、2日目を終えて総合8位となっている。

ラトバラは、「セバスチャン(オジェ)とティエリー(ヌービル)に大きく出遅れてしまったよ」と、チャンピオン争いの後塵を拝したことを悔しがった。

そして、今回のラリー直前に元王者のセバスチャン・ローブによるテスト結果を反映した効果が出たのか、2位につけているミケルセンは、「今日の結果は本当に嬉しい。というのも、僕たちは限界ギリギリまで攻めていて、それができている状態なんだ」と3日目以降にも自信を見せた。

ラリー・ドイチェランド、3日目はSS9からSS17を争う。なお、RC1の1~10位までの結果は以下の通り。

LINE はてブ Pocket +1