テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「今の芸人はTVの家畜」ウーマン村本、芸能界干される覚悟で問題発言を連発

明日のスター・ディレクターを育成すべく、秋元康氏が企画監修を担当する番組『EXD44』

番組では、秋元氏が選抜したバラエティー番組の未来を担う若手ディレクターたちが毎週映像コンテンツを制作し、切磋琢磨している。

©テレビ朝日

そんな同番組の8月20日(日)深夜の放送では、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が登場する企画「村本vs人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会」が行われる。

 

◆「今の芸人はテレビの家畜」村本、炎上必至の問題発言を連発!

小松ディレクターによるこの企画「村本vs人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会」は、自他ともに認める“炎上芸人”である村本が、トガりきっている「プロダクション人力舎」のスクール生&1年目芸人54人を相手に、生まれて初めて真剣にガチの“芸人論”を熱く語るというもの。

©テレビ朝日

そこで村本から飛び出すのは、「今の芸人はカッコ悪い」「テレビの家畜」などといった問題発言の数々!

痛烈な芸人批判を展開するも、講演を聞いている後輩芸人たちからは、村本に対して容赦ない反論が続々と浴びせられる。しかし村本は怯むことなく、これまで秘めてきた熱い思いをぶちまけて…。

 

◆ウーマン村本、まさかのアメリカ進出宣言!

©テレビ朝日

テレビに出る芸人を批判しながらも、自分もそのひとりであることに対して葛藤があった村本。

後輩芸人からの痛烈な反論に対して、村本は芸人人生におけるひとつの決断を告白する。それは、「アメリカ進出」

英語でネタをやるために「いま英語を勉強している」「留学に行く」などと話し、その言葉から本気度がうかがえる。

はたして、村本の熱い芸人論は若手芸人たちに通じるのか? 8月20日(日)の『EXD44』で放送される、これまでの村本のイメージが覆される彼の一語一句に注目だ

 

◆村本大輔(ウーマンラッシュアワー)からのコメント

――今回の講演会企画を引き受けられた経緯を教えてください。

「お笑い界って自由に見えて、実はすごく排他的な村なんです。例えば、キングコングの西野(亮廣)も1年くらい前は『あいつ、頭がおかしくなったんちゃうか!?』って、芸人たちにめちゃくちゃ悪口を言われてたんですよ。

でも、西野のやり方が世の中で認められだした今は『西野はOKね』と言い出してるんです。売れてない芸人ほど、自分が開拓者になるのを恐れて、ただのジャッジマンみたいになってしまってるんですよね。この現状に僕はずっと悶々としていて、『今のお笑い界は1個の価値観しかないぞ』と言いたかった! そんなときに今回の企画を頂いたんです。

もちろん、葛藤はありました。僕みたいにまだ中途半端な芸人が“自分のお笑い”について語るのはどうかな…とも思うし、この講演会をテレビのショー的に仕上げるなら意味がないな、と。でも、“王様の耳はロバの耳”的な感じで本音を叫ばせてもらえるのであれば、これはチャンスだと思って、引き受けさせていただきました。

後輩に言う感じで、売れてる先輩方にもチクッと言えたら…という思いもありましたね(笑)。そんなこともあって、講演会の前には敢えてビールをちょっと飲んで(笑)、ポロリが出やすいようにしました。あの講演会で言ったことはすべて本音です!」

――講演会ではアメリカ進出宣言もされました。決断のきっかけは何だったんですか?

「僕、原発の街の出身なんですよ。それで、ある番組で原発のネタをやりたいと言ったんですけど、番組側から『賛成、反対というのは絶対に言わないでくれ』と要請されて…。それをアメリカ人の友達に話したら、『え!? アメリカのコメディアンはみんな、当たり前のように自分の主張をするよ』と驚かれたんです。

だったら、『日本のテレビはやりにくい』なんて文句だけ言ってやり過ごすんじゃなく、それをOKとする場所へ行って、自分のネタで主義主張を唱えてみたいと思ったんですよ」

――その思いに対する周囲の反応は?

「周りの芸人からは『お前、綾部か!?』と。でも、それって言いたいだけなんです。『東京に行ったらオモロなくなる』と言って東京に行かない大阪の芸人や、『文化や言葉も違うし…』と言って海外に出ない東京の芸人と同じ。自分が行く勇気のない場所に対して、めっちゃ言い訳を作るんですよ。それが芸人なんです!

だいたい文化の違いとか、食の違いとか言いますけど、とんこつラーメンみたいに文化を超えて流行るものは流行るんですよ。でも、芸人は貧乏になることや体裁を保てなくなることを恐れて、そこに挑戦しないんです」

――今回の講演会では後輩たちを前に、熱い思いを赤裸々に語ってくださいましたが、もし次に講演会をするとしたら、誰の前でやりたいですか?

「講演会はもういいです(笑)。家に帰った後、なんかすごく恥ずかしくなったんで…。ただ、今回の講演会に対して、スタジオでバカリズムさんやカンニング竹山さんが発言しているVTRを見て、僕が物申す会は欲しいです! 売れてる先輩方に対しても、尊敬の念があるからこそ、『もっと勝負して、文化レベルを引き上げてくれたらいいのに…』とか、いろいろ思うところがあるんでね」

――今回の放送を見た視聴者の中には、「何を言ってるんだ、村本!」と食ってかかってくる人もいるかと思います。そんな方々に向けて、一言お願いします。

「どんな意見も受け止める覚悟はあります。僕の発言に対しては賛否両論があるだろうし、僕の悪口を言う人も出てくると思うんですよ。ただ、『Time is money』という言葉があるじゃないですか。僕の発言に対して議論を巻き起こした時点で、その人たちは僕のために時間=金を使ってるわけです! もしかしたら明日死ぬかもしれない…そういう限りある時間を僕のために使ってくれた時点で、僕の勝ちやな、と思います」

※番組情報:『EXD44』 村本vs人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会
2017年8月20日(日)深夜1時10分~1時40分放送、テレビ朝日(※一部地域を除く・『熱闘甲子園』の放送がなくなった場合、30分繰り上げの放送となります)

LINE はてブ Pocket +1