テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『遺留捜査』であの村木(甲本雅裕)が糸村(上川隆也)にお願いする展開発生!

7月から第4シーズンがスタートした上川隆也主演の木曜ミステリー『遺留捜査』

本作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探る超マイペースな不思議キャラ刑事・糸村聡(上川隆也)が、京都府警の精鋭チーム“特別捜査対策室”のメンバーと共に事件の真相に迫っていくというストーリーだ。

©テレビ朝日

8月17日(木)に放送される第6話では、所轄署の警察官が殺される事件が発生。事件の1週間前に口論をしていたことや、被害者の所持品から記入済みの離婚届が出てきたことなどから、妻の真由美(国生さゆり)に容疑がかけられる。

糸村は残された遺留品の中から「汚れのついた離婚届」に目を留める。そして、捜査を進めていくと、10年前に起きた殺人事件と結びつき…?

 

◆第6話あらすじ

所轄署の警察官・西岡良平(岩松了)が殺害される事件が発生。妻の真由美(国生さゆり)の犯行とにらんだ捜査一課3係係長・八重樫剛(野村宏伸)らは連日、彼女の事情聴取に当たっていた。

©テレビ朝日

事件の1週間前、近所の住民が夫婦が言い争う声を耳にしていた上、西岡が所持していたカバンの中から、記入済みの離婚届が出てきたことが決め手となったのだ。

西岡は元々優秀な刑事だったが、10年前、女子大生が殺害された事件で真由美の兄が逮捕されたことから、会計課に異動した過去を持っていた。

©テレビ朝日

そんな中、科捜研研究員の村木繁(甲本雅裕)が、西岡が殺された事件について力を貸してほしいと糸村聡(上川隆也)に頼んできた。なぜ村木がそんな依頼をしてくるのか、事情を深く聞くこともせず引き受けた糸村は現場に残された遺留品の中から、離婚届に目を留める。記入された文字が所々、歪んでいたのだ。さらに片隅に墨のような黒い汚れが付着しているのも気になって…!?

警官殺しの捜査を開始した、糸村と村木。2人はやがて10年前の事件の衝撃の真相にたどり着くことに…!?  いったいなぜ村木は糸村に捜査を頼んだのか…!? そして離婚届に秘められた真実とは…!?

※番組情報:木曜ミステリー『遺留捜査』第6話
2017年8月17日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日24局

LINE はてブ Pocket +1