テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

新入り・波子(仲里依紗)が波乱巻き起こす!『黒革の手帖』第2話も拡大SP

武井咲主演の木曜ドラマ『黒革の手帖』の第2話が、7月27日(木)に放送される。

©テレビ朝日

本作は、派遣社員として銀行に勤めていた主人公・原口元子(武井咲)が、“黒革の手帖”を武器に銀座の女王へと上りつめていくストーリー。

第2話では、銀座にクラブ「カルネ」をオープンさせた元子が、金に困っていた元同僚の山田波子(仲里依紗)を店で働かせることに。

さっそく楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)に見初められた波子だったが、その様子に元子は一抹の不安を抱く。その予感が的中するかのように、波子が“銀座の掟”を破る出来事を…!

 

◆第2話あらすじ

©テレビ朝日

東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせた原口元子(武井咲)。

若き銀座のママとして新たな道を歩み始めた元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子(仲里依紗)と再会する。元カレのために使ったカードの支払いのために必死に働く波子に、元子は「なにかあったら電話して」と名刺を渡すのだった。

©テレビ朝日

『カルネ』開店から1カ月が経とうとする頃、元子を訪ねて、安島富夫(江口洋介)が店にやってくる。お世話になった大臣と、その妻のために次の選挙への出馬は見送る、と話す安島に、元子は「戦うべきだと思う」と進言。元子の言葉に力づけられる安島だったが…?

ほどなくして、波子が元子の店で働くことに。入店早々、楢林謙治(奥田瑛二)に見初められるが、次第に親密になっていくふたりに元子は一抹の不安を感じる。

さらに波子は、ほかのホステスの客に手を出したという話が広まり『カルネ』の中で孤立。「あんな女とは一緒に働けない」とホステスたちが次々と辞めていき…!?

※番組情報:『黒革の手帖』#2拡大スペシャル
2017年7月27日(木)午後9:00~10:09、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1