テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ナスD、直筆メモで喜びメッセージ!『陸海空』が10月からプライムタイムに進出

「ミステリー」「豪華客船」「釣り」「ドローン」「部族」など、5つの視点で5組の冒険者たちがガチンコ取材を敢行し、地球一周の大冒険を繰り広げる様子を放送中のリアル冒険バラエティー番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)。

現在、毎週火曜日の夜11:15~深夜0:15(※一部地域を除く)の枠で放送中の同番組が、10月よりプライムタイムに進出することが決定した。

©テレビ朝日

インターネット上でも毎回大きな注目を集めている『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』。

その要因として、今までのバラエティーではなかなか見ることのなかったアマゾンにいる部族のリアルで衝撃的な映像や、U字工事のアマゾン旅に同行する番組の破天荒ディレクター“ナスD”こと友寄隆英ディレクターの存在が挙げられる。

美容によいとされる現地の果実ウィト(※実は現地ではタトゥーの染料に使われるもの)を顔に塗りまくり、皮膚が青黒く変色したことから、その通称がつけられた“ナスD”。

その不気味な顔色はもちろん、目の前にあるものを何でも食べてしまったり、ハチに顔面を5カ所も刺されても飄々と笑っていたりとバイタリティーあふれる行動を見せ、視聴者に強烈なインパクトを与え続けてきた。

“ナスD”について、本来主役であるはずのU字工事の益子卓郎「何かヤバそうなことは、演者である僕らにはやらせず、全部自分でやっちゃう。その根性には脱帽です!」と苦笑い。相方の福田薫「ナスDの方がスゴいことをやっているから、そっちが目立つのは当然かな、と思っています(笑)」と、白旗を挙げるほど。

 

◆友寄隆英ディレクターの“直筆メモ”公開

そんな“ナスD”こと友寄隆英ディレクターの直筆のメモが公開された。

©テレビ朝日

(以下、友寄隆英ディレクター直筆メモ内のメッセージ)

ありがとうございます。

番組が継続する事はとても嬉しく思います。

ジャングルはこれからの季節、動物や果物がとても多くなります。

10月以降も素晴らしい自然や先住民の姿をお伝え出来る様頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

ナスDに代表される“無鉄砲な取材っぷり”はそのままに、「部族アース」は10月からさらにパワーアップ。続々と展開していく、度肝を抜く大冒険に注目だ。

※番組情報:『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』
毎週火曜日 夜11時15分~放送中(※一部地域を除く)、テレビ朝日24局

LINE はてブ Pocket +1