テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『仮面ライダービルド』放送決定!天才物理学者が2本のボトルを組み合わせ変身

毎年、大きな衝撃とともに我々の前に姿をあらわす国民的ヒーロー・仮面ライダー。

現在、絶賛放送中の『仮面ライダーエグゼイド』につづき、9月3日(日)から放送が始まる新シリーズ『仮面ライダービルド』の全貌が明らかになった。

©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

日本語で「創る」「形成する」という意味の「ビルド」を名に冠する新たな仮面ライダーは天才物理学者

本作では、火星で発見された謎の箱「パンドラボックス」を開こうとした瞬間、突如出現した巨大な壁「スカイウォール」によって三つに分断された日本列島に「東都」「西都」「北都」という首都が生まれる。その「東都」に出現したスマッシュと呼ばれる未確認生命体に、天才物理学者の青年が仮面ライダービルドに変身し、立ち向かう。

 

◆組み合わせを“実験”しながら敵を駆逐

©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

仮面ライダービルドは、変身ベルト「ビルドドライバー」に変身アイテム「フルボトル」を2本装填することで変身。フルボトルには「動物」や「機械」など多種多様な成分がこめられており、それらの能力をボディに宿して戦う。

さらに、2本のボトルの組み合わせのなかには効果的で強力なパワーを発揮することができるベストな組み合わせ“ベストマッチ”も存在し、必殺技を繰り出すことが可能に。

これこそベストマッチともいうべき「ラビットタンクフォーム」は「ラビット」と「タンク」の組み合わせで変身する基本フォーム。ウサギの跳躍力と戦車のパワーをあわせ持つ。

©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

このようにフルボトルを目の前に立ちはだかる敵に合わせて“実験”しながら組み合わせ「勝利の法則」を編み出し、敵を駆逐していく。

 

◆制作発表の生配信も!

またテレビ放送に先駆け、8月5日(土)公開の『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』に、仮面ライダービルドがいち早く登場。

さらに、8月2日(水)には、本作のキャストが明らかになる「仮面ライダービルド 制作発表」をauの動画配信サービス「ビデオパス」で生配信することも決定。この生配信映像は、auのユーザーでなくとも、スマートフォン・タブレットに「ビデオパスアプリ」をダウンロードするだけで、会員登録不要、かつ、無料で楽しむことができる。

 

◆監督「仕掛けの斬新さに興奮を禁じ得ません」

そして、本作の脚本家・武藤将吾と監督・田﨑竜太から、以下のコメントが届いた。

©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

・脚本家・武藤将吾コメント

きっかけは、息子でした。偶然一緒に観たニチアサに衝撃を受けると同時に、これまで平成ライダーに触れてこなかった己を猛烈に悔やみました。

それからというもの、クールかつハードな第一期に酔いしれ、娯楽性を追求した第二期に興奮し、気づけば平成ライダーを熱く語るオッサンになっていました。

第19作。仮面ライダーの歴史の重みを真摯に受け止め、最大級の敬意を表すとともに、これまで培ってきたノウハウを活かして、子供も大人も燃える作品を志していきます。

一年間、どうぞ宜しくお願いします。

 

・監督・田﨑竜太コメント

平成ライダー史上最高IQを持つ主人公が、史上最大のスケールを持つ作品世界に戦いを挑みます。三つに割れた世界を再び一つに戻せるのか? 戻すことは正しいことなのか? 多くの平成ライダーを演出してきましたが、『ビルド』の仕掛けの斬新さに興奮を禁じ得ません。

今作はシリーズ第19作目にあたりますが、それは19分の1という意味ではありません。オンリーワンの面白さを持つ『仮面ライダービルド』が新しいニチアサの第一歩を踏み出します。

エグゼイドの「レベルアップ」による驚きの変身から、「ベストマッチ」なありえない組み合わせの変身へ。人類の平和のために戦い続ける仮面ライダーの新たな戦い、『仮面ライダービルド』の活躍に注目だ。

※生配信詳細は、こちら!

※番組情報:『仮面ライダービルド』
2017年9月3日(日)放送スタート!【毎週日曜】あさ8:00~8:30、テレビ朝日系24局(※10月から 毎週日曜 あさ9:00~9:30放送)

LINE はてブ Pocket +1