テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

島倉千代子の影武者も…!歌手・青山和子が先輩との仰天エピソード明かす

7月24日(月)の放送から、『徹子の部屋』では「昭和の懐メロウィーク」がスタートする。

その最初のゲストとして登場するのは、東京オリンピックが開催された昭和39年に『愛と死をみつめて』でレコード大賞を受賞した青山和子だ

©テレビ朝日

昭和39年は、まず原作の本がベストセラーとなり、この曲のほかにも吉永小百合主演の映画も大ヒットと、まさに『愛と死をみつめて』旋風が巻き起こったという。

©テレビ朝日

青山はこのとき、同じレコード会社だった大先輩の美空ひばりから自宅に招かれたそうで、錚々たる有名人が集まる部屋に通され、食事も喉を通らなく一睡も出来なかったらしい。

さらに、もう一人の大先輩・島倉千代子との仰天エピソードも披露。なんと、島倉の喉の調子が悪いときは、ステージの袖で青山が影武者として歌っていたという。

©テレビ朝日

そしてこの日の放送では、大ヒット曲『愛と死をみつめて』が生歌で披露される。

※番組情報:徹子の部屋
2017年7月24日(月)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1