テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

サンド伊達とノンスタ石田、人望かけた本気お笑いバトルに観客から悲鳴!

テレビ朝日(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、企画監修を担当する秋元康が選抜したメンバーが毎週映像コンテンツを制作する番組『EXD44』

©テレビ朝日

7月16日(日)の同番組では、前回に引き続き「芸人代理戦争」がオンエアーされる。

 

◆第3回戦では「ZAZY」と「浜辺のウルフ」が対決!

この「芸人代理戦争」は、2人の先輩芸人が「こいつは面白い!」と思う自慢の後輩芸人を推薦し、笑いをかけて戦わせる、己の誇りと人望をかけた熱きバトル。その勝敗を30人の観客がジャッジする。

後輩芸人は、バトルに勝てば3万円の賞金をゲット。しかし負ければ、自分ではなく先輩がその賞金を自腹で支払うという、なんとも恐ろしい事態に。先輩芸人が後輩に自腹の運命を託し、後輩はそのプレッシャーのもとネタを披露するという、まさに人望をかけた本気のネタバトル。

この「芸人代理戦争」に出陣するのは、サンドウィッチマン・伊達みきお率いる「伊達軍」と、NON STYLE・石田明率いる「石田軍」。2008年M-1グランプリ王者の石田は、2007年の敗者復活戦でその後王者となるサンドウィッチマンに敗れて優勝のチャンスを逃していたという、まさに因縁のM-1王者対決。

尊敬する大先輩にまさか自腹を切らせるわけにはいかないと、後輩芸人たちは笑いをかけて真剣勝負。全6回戦が行われる「芸人代理戦争」だが、前回の放送では第1回戦と第2回戦が行われ、結果は両軍1勝1敗。16日の放送では第3回戦と第4回戦を放送、第3回戦では石田軍よりZAZY、伊達軍より浜辺のウルフが出陣する。

「フリップ芸を変えた男」と先輩・石田から称される吉本興業所属のZAZYに対し、かつて吉本興業に所属していた浜辺のウルフは、芸歴20年の意地を見せて吉本興業を見返すことができるのか?

 

◆第4回戦では「ニューヨーク」と「カミナリ」が激突!

続く4回戦では、石田軍のニューヨーク、伊達軍のカミナリが対決。

今のお笑い界で最も勢いのある2組のエース対決となるこの一戦。はたして、賞金3万円をゲットできるのは誰なのか? はたまた、自分のせいで先輩が目の前で自腹を切るという屈辱を味わうのは誰なのか?

さらに今回は、観客から笑い声ではなく悲鳴が上がる場面も…。「芸人代理戦争」中盤戦に注目だ。

※番組情報:『EXD44
2017年7月16日(日)深夜0:40~1:10、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1