テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

上川隆也、『遺留捜査』で長年共演する甲本雅裕への信頼と愛を語る

2011年に連続ドラマとして誕生するや好評を博し、連続ドラマで3シーズン、スペシャルドラマで4回の放送を経て、いよいよシリーズ第4弾が7月13日(木)にはじまるドラマ『遺留捜査』

©テレビ朝日

そのスタートに先がけて、完成披露試写会&スペシャルトークショーが東京・六本木のテレビ朝日本社で開催され、主演の上川隆也が登壇! 詰めかけた120名の観客の前で、撮影秘話や作品にかける思いなどを語った。

 

◆第4シーズンは京都が舞台!

『遺留捜査』は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、事件そのものを解決するだけでなく、被害者が訴えたかったメッセージまでもを伝える超マイペースな不思議キャラ刑事・糸村聡(上川隆也)の活躍を描く人気シリーズ。

第4シーズンは舞台を京都に移し、京都府警の精鋭チーム“特別捜査対策室”、通称“特対”メンバーと共に事件の真相を紐解いていく。

©テレビ朝日

トークショーが開かれたのは、制作発表記者会見が行われた直後。会見を終えたその足でトークショー会場に駆け付けた上川は、約120人の観客に大きな拍手で迎えられ、感無量の面持ちで「2年ぶりに戻ってまいりました!」と力強くあいさつした。

また、上川が「初回から豪華なゲストの方々に支えていただき、ラストのシーンは僕自身も胸が熱くなりました。『遺留捜査』が帰って来たなぁ…と思える第1話でした!」と初回2時間スペシャルについて語ると、完成披露試写会で鑑賞した観客からは“そのとおり!”ともいうべき拍手がまたまた沸き起こり、会場が一体となる瞬間が訪れた。

 

◆会場からの質問に上川爆笑!“村木愛”を告白

トークショーでは、観客のアンケートに基づいた質問コーナーも設けられ、『遺留捜査』ではおなじみ、糸村×村木(甲本雅裕、科捜研係官役)のシーンへの期待の声が多数寄せられたことが明らかに…!

これに上川は、「断言してもいいですが、2人のシーンは台本のとおりに演じたことがないです。僕と甲本さんとで、“こうしてみたらどうだろうか”と散々話し合ってから撮影しています」と撮影秘話を披露し、客席からは驚きのリアクション。

続けて、「でも、最後の村木の反応は甲本さんに任せているので、僕自身も知らず、オンエアを見て“あんなことをしていたのか!”と驚くことも多々あります。僕はそういった意味でも、“甲本雅裕という俳優”をとても信頼しています」と、甲本への厚い信頼を語った。

さらに、「村木を演じる甲本雅裕さんの好きなところは?」という質問もされ、上川が思わず爆笑する場面も!

上川は、「奇しくも同い年で価値観も近いのに、彼とは物の見方がちょっと違うんです。その違いが好きですね。だからこそ意見を交わすのがとても楽しいですし、長年一緒にやっていても飽きない。馴れ合わない、ベタベタした関係にならないところもとても助かっています。ぜひ、なかなか報われない村木を愛していただきたいです(笑)」と愛情たっぷりに答え、会場を沸かせる。

そしてトークショーの最後、上川は、「この作品で何より大切にしているのは、“人の思い”。誰もが毎日、身近に感じているようなものが何より大切であることを再認識できるような物語になればと、力を合わせて作っています」とメッセージ。

何度も「ありがとうございました」と発しながら退場する上川に、観客からは惜しみない拍手が送られた。

※番組情報:木曜ミステリー『遺留捜査
2017年7月13日(木)スタート、初回は2時間スペシャル!
毎週木曜午後8:00~8:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1