テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高田純次、『クレヨンしんちゃん』に本人役で登場!アドリブ炸裂で爆笑の渦

7月7日(金)に放送されるテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』は、テレビ朝日の散歩番組『じゅん散歩』と夢のコラボ!

散歩人・高田純次がアニメになって、しんのすけの住むかすかべの街を訪れ、嵐を呼ぶ5歳児・しんのすけが“ブリブリ対決”を繰り広げる。

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

◆アフレコでは爆笑アドリブも披露!

高田純次が本人役で登場するのは、『じゅん散歩がやってきたゾ』というストーリー。

『じゅん散歩』のロケで高田純次がかすかべにやって来るというおはなしで、なぜか行く先々でしんのすけと遭遇する。高田はアニメのなかの散歩でも、しんのすけたちに「ハロー!キミたちどこの大学生?」ととぼけて呼びかけたり、「どうも、ジャスティン・ビーバーです!」と挨拶したり、「失礼ぶっこきました!」と茶目っ気たっぷりに謝罪したり、高田節さく裂で大暴れ。

クライマックスでは、しんのすけのギャグ“ケツだけ星人”の「ブリブリ~ブリブリ~」に対抗して「じゅんじゅんじゅんじゅんじゅん散歩~」と歌いながらブリブリダンスも披露。はたして、2人のブリブリ対決の行方は…?!

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

本作ではメインゲストとして1話丸ごと出ずっぱりのため、高田のセリフは大量だ。

しかしながら、テレビ朝日の『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズで亀井刑事役を演じ、10月からスタートする帯ドラマ劇場『トットちゃん!』への出演も決定するなど“名優”としての顔も持つ彼は、アフレコでの声だけの演技を軽妙にこなし、ハイテンションでアドリブを繰り出すほどの余裕っぷり。スタジオは何度も爆笑の渦に包まれた。

 

◆ブリブリ対決は「年甲斐もなく頑張っちゃったよ!」

また、アフレコ終了後は応援に駆け付けたしんのすけと対面。しんのすけから「アニメになった自分はどうだった?」と聞かれると、高田は「まあ、アニメより実物の方がいい男だな(笑)」とニヤリ。

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

毎回、『じゅん散歩』でイラストを披露するほど絵の腕前には定評のある高田。しんのすけがすかさず「オラの似顔絵、描いて~」とせがむと、サラサラと色紙にペンを走らせ、あっという間にキュートなしんのすけのイラストを仕上げるひと幕も。

高田はしんのすけとのブリブリ対決について、「70歳なのに、年甲斐もなく頑張っちゃったよ! 頑張りすぎちゃって今夜、寝込んじゃうんじゃないかな(笑)」と苦笑い。「でも、ちょこっと出演させてもらうだけかと思ったら、メインゲストとしてガッツリ出させていただいて、うれしかったですね! いい冥途の土産になりました!」と、今回のコラボ実現を喜んでいた。

 

◆『じゅん散歩』との逆コラボも!

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

さらに、7月6日(木)・7日(金)の2日間にわたって、『じゅん散歩』では『クレヨンしんちゃん』との“逆コラボ”も実現!

高田純次が同作の舞台・春日部を散歩する。この散歩には、しんのすけも登場⁈ いったいどんな街歩きとなるのか、注目だ。

 

◆「台本はまさにパーフェクト」

そして、今回の『クレヨンしんちゃん』出演について、高田は以下のようにコメントしている。

(以下コメント)
「ちょこっと出演させてもらうだけかと思ったら、メインゲストとしてガッツリ出させていただいて、すごくうれしかったですね! 本人役でアニメに出演させてもらう機会なんてなかなかないので、いい冥途の土産になりました!

…まあ、アニメより実物の方がいい男だったけどね(笑)。ボクらしいセリフもたくさん用意してくれて、台本はまさにパーフェクトでした!

ボクのノリや雰囲気をよく出してくれましたね!アフレコは、難しかったね~。口の動きに合わせてセリフを言わなくちゃいけないし、タイミングも覚えなくてはならないし、改めて声優さんはスゴイなと思いましたよ!敬服しました!!

ブリブリ対決のシーンは、70歳なのに年甲斐もなく頑張っちゃったよ。頑張りすぎちゃって、今夜、寝込んじゃうんじゃないかな(笑)ぜひ、しんちゃんとボクのコラボを最初から最後までお楽しみに!」

※番組情報:『クレヨンしんちゃん
2017年7月7日(金)午後7:30~7:54 、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1