テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

河本準一、不眠不休の過酷なロケで遂にとんでもない表情に…

知名度もあり、腕もある…なのに、それに見合った活躍の場を与えられていない芸人たち「リベンジャーズ」が、売れっ子ではまずやらない過酷な発注を“体を張って”確かめる番組『発注歓迎!リベンジャーズ』(テレビ朝日)。

6月8日(木)から同番組では、お笑いコンビ・次長課長の河本準一が挑戦する「日本縦断!佐賀の名水を北海道まで運べ」編がスタートしている。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

今回の発注の内容は、「佐賀県有田町の幻の名水を北海道までコップで運び、それを日本一の絶景で飲め!」というもので、「名水が入ったコップは置いてはいけない」という厳しいルールが課せられている。

ずっと持ち続けているには非常に重い容量650mlのワイングラスを手に、猶予4日間のなか、ヒッチハイクや(撮影OKをもらえた)公共交通機関を使って佐賀から約2300km離れた北海道美瑛町にある日本有数の夕日スポット・新栄の丘を目指す旅だ。

6月8日、そして15日の放送の序盤では、ヒッチハイクや高速バスを使って佐賀から福岡・北九州市の新門司港近くまでやってきた河本。同港から出るフェリーで一気に大阪まで行く作戦だ。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

しかし河本は、高速バスの中で夜のうちにフェリーに乗るには間に合わないことに気づき落胆…。ひとまず、バスで隣に座った女子中学生の家族と焼肉を食べに行くことにした。

この旅、食事は自由だが、食事のときでも「名水が入ったコップは置いてはいけない」というルールは継続しており、河本はワイングラスを手に持ったまま焼肉を食べる。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

グラス内の水は、北海道の絶景に着くまでは飲んではならず、また着いたときに残っている水の量が今回のギャラとなるため、河本も必死だ。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

そうして焼肉も食べ終わり、深夜2時・気温8度のなかヒッチハイク開始。

ヒッチハイクでは奇跡が起こり続け、河本は、絶望的かと思われた夜に広島までたどり着くことに成功する

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

しかし、不眠不休のヒッチハイクに加え、手にこぼしてはいけない重いグラスを持っていることの集中力の限界で、河本は載せてもらっている車中でついこんな表情に…。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

まさに、「奮闘顔」だ。

そんななか、河本が目指すのは“救済措置”。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

今回の旅には、「70歳以上の人に“置けば”と言われればコップを置いてOK」という救済措置(※「言って」とお願いするのは禁止)があり、河本はヒッチハイクで乗せてくれた男性のおばあちゃんが70歳以上で既に起きていると聞き、会わせてくださいと強くお願いした。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

そうして会えたおばあちゃんは、数分間の会話で河本が一生懸命誘導するうちに、ついに「どうぞ置いてください」と一言。

河本はこれ以上ないほどの歓喜の表情を浮かべ、涙を流さんばかりにおばあちゃんに感謝し、この旅初めての睡眠をとった

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

コップを置けるだけで、大喜びし幸せが感じられる…。これぞまさに、過酷すぎる発注に挑む同番組ならではワンシーンだ。

 

◆河本、地元パワー発揮!

そして、6月22日(木)深夜に放送される『発注歓迎!リベンジャーズ』では、この「日本縦断!佐賀の名水を北海道まで運べ」編の第3回を放送。

提供:発注歓迎!リベンジャーズ

ヒッチハイクを重ね、2日目にして地元・岡山に辿り着いた河本は、地元の親友や後輩芸人に連絡し地元パワーを発揮

目指すは福井県敦賀港。フェリーで苫小牧東港までワープするつもりらしいが、このフェリーを逃すと、北海道到着は時間的に極めて難しくなる…。果たして乗船することは出来るのか?

※番組情報:『発注歓迎!リベンジャーズ』(テレビ朝日)
2017年6月22日(木)深夜1時56分~放送、「日本縦断!佐賀の名水を北海道まで運べ(3)」

LINE はてブ Pocket +1