テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『緊急取調室』、遂に最終話!再編成言い渡され「最後の事件」に臨む

天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開する連続ドラマ『緊急取調室』

その最終話が、6月15日(木)に放送される。

©テレビ朝日

遂に迎えた第2シーズンの最終章では、有希子(天海祐希)を撃った峰岸(眞島秀和)と彼の共犯者・久保寺(鶴見辰吾)が、それぞれ5年前に起きた殺人事件の“加害者の父親”と”被害者の父親”だったことが判明。

キントリの面々は、5年前に本当は何が起きたのか探ろうとするが…?!

 

◆最終話あらすじ

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)の取調官・真壁有希子(天海祐希)が、刑事部長・磐城和久(大倉孝二)をかばって、被弾した! 撃ったのは警察官から拳銃を強奪した2人組のひとり・峰岸充彦(眞島秀和)――有希子の亡き夫・匡(眞島・二役)に瓜二つの男だった…。

峰岸はそのまま逃走。有希子の身を案じながらも、キントリの面々は拳銃強奪事件および連続狙撃事件を早期解決するため、すべての発端だと思われる5年前の事件を再捜査しようと立ち上がる。その事件とは…峰岸の息子が被疑者として逮捕されたストーカー放火殺人事件。そのとき妻子の命を奪われたのが、ほかならぬ今回の事件の共犯者・久保寺圭(鶴見辰吾)だったからだ!

加害者の父親と被害者の父親――相容れないはずの2人が共謀しているということは、5年前の事件は冤罪の可能性がある…。キントリの面々はそうにらむが、磐城は頑として再捜査の許可を出さない。

それでも諦められないキントリは、勾留中の久保寺を取り調べる過程で、5年前の事件に切り込もうと計画する。幸い命に別状はなく、現場復帰した有希子は自ら志願し、久保寺の取り調べを担当。だが、久保寺は相変わらず黙秘を貫き…。

©テレビ朝日

やがて、峰岸が捕まった! 磐城からメンバーの再編成を言い渡されているキントリは、これが“最後の事件”と肝に銘じ、一丸となって峰岸の取り調べに挑んでいくが…!?

※番組情報 『緊急取調室』最終話
2017年6月15日(木)午後9:00~午後10:09、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1