テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

林修が「本物」と認める最強クイズ王10人率いて、芸能人50名と早押し合戦!

6月28日(水)、テレビ朝日系で第7回目となる『超クイズサバイバー』が放送される。

©テレビ朝日

同番組ではこれまで、くりぃむしちゅーが「芸能人チーム」、林修が「知識人チーム」のリーダーを務め、50人対25人(第1回のみ100人対50人)の壮絶な早押し合戦を繰り広げてきた。

戦績は、知識人チームの人数は芸能人チームの半数というハンデが重かったのか、芸能人チームの4勝2敗と知識人チームは遅れをとっている。

そこで、これ以上の負けは受け入れ難いという林が知識人チームの解体を断行する。

今回、新たにクイズ大会優勝者だけを集めた「クイズ王チーム」を編成。人数も敢えて今までよりも少ない10人という大幅改革に打って出る。

そんな林が「最強」を謳う新チームに対し、くりぃむしちゅー率いる「芸能人チーム」には、知識人チームをクビになったやくみつる、三浦奈保子、本村健太郎ら実力者が編入。図らずも、労せずに戦力アップすることに。

 

◆1問1万円獲得で早押し合戦がさらに激化!

また、今回から「クイズ100問組手」として新ルールを導入。10問ごとに形式が変わる合計100問の早押しクイズが出題される。

賞金は分かりやすく1問につき1万円。正解ごとに積み立てていくことができ、100問を終えた時点で積み立てた分だけ獲得の権利が与えらる。しかし、せっかくの積上金も決勝ステージで負ければ全額没収という厳しいルールも存在。 その一方で、勝ったチームにはプラス100万円のボーナスが支給される。

決勝ステージでは、くりぃむしちゅー有田と林修の両リーダーも回答者として参戦。そして最後には、積立金とボーナスを合わせた賞金独り占めクイズを実施され、優勝チームのメンバーには賞金総取りのチャンスが与えられる。

リニューアルでさらに激しく、さらに面白くなった早押し合戦『超クイズサバイバー』。はたして、どちらのチームが生き残るのか? 注目だ。

 

◆林修「より高レベルの対決をお見せできる」

新たなチーム編成やルール改正を経て行われる今回の『超クイズサバイバー』について、くりぃむしちゅーのふたりと林修がその見所を以下のように語った。

 

・上田晋也

「初めての『芸能人チーム』対『クイズ王チーム』ということで、最初はちょっとどうなのかな?と思うところもありましたが、非常にいい大会になりました。芸能人チームで活躍したのは、前回まで知識人チームにいた人がほとんどでしたが(笑)、キャスティングしたスタッフをほめてあげたい!

 

・有田哲平

「これまでは芸能人チームがすごく有利に戦ってきた大会。もう、林先生が負けたくないんでしょうね。マイナーチェンジどころかフルモデルチェンジしてきました(笑)それでも芸能人チームが勝つのか、それとも林先生が雪辱するのか?という展開を楽しみにしていただきたい。

クイズ王チームは全員一般の方なんですが、そういう中からスーパースターが出てくるものですね。一人だけ次回は芸能人チームに入ってもらいたいです!

この番組はどっちのチームが勝つかはもちろん、勝った上で賞金を誰が持っていくのかもみどころ。ぜひ、ぜひ、最後までお見逃しなく。ちなみに僕はその結果にガッカリしております!(笑)」

 

・林修

「今までの知識人チームには、メンバーに不満が無くも無かった(笑)今回やっと本物のメンバーでチームを作ることができたので、よりレベルの高い対決をお見せできると思います。クイズ王と呼ばれる人たちがこれだけ一堂に会することは滅多にないこと。みなさん一般人なんですが、そんな彼らをえげつなく追い込む芸能人チームMCのどす黒い魅力?(笑)と、クイズを半ば職業にしているクイズ王たちの本当の力をぜひ味わってください」

※番組情報 『超クイズサバイバー』
2017年6月28日(水)午後7:00〜午後9:48、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1