テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

村瀬(津田寛治)が志保(羽田美智子)の顔を殴る!『9係』最終話、今夜

6月7日(水)、テレビ朝日系でドラマ『警視庁捜査一課9係』シーズン12の最終話が放送される。

©テレビ朝日

本作は、個性豊かな6人の刑事たちが、捜査中に対立しながらも最後はそれぞれの熱い正義感でひとつにまとまり難事件を解決していく姿を描いた本格群像刑事ドラマ。

精密に練られた先の読めない展開や、刑事たちを個々の“生活者”として魅力的に描く重厚かつ濃密な人間ドラマなどが幅広い層から支持されている作品だ。

最終話では、発見された刺殺体の犯人を追う。調べていくと20年前の未解決強盗殺人事件につながり…?!

 

◆最終話あらすじ

スナック経営者・長峰(稲荷卓央)の刺殺体が店内で見つかった。犯人は犯行後に遺体を燃やそうとしたのか、被害者のズボンには焼け焦げた痕がある。ビルの所有者・正川(不破万作)によると、長峰は最近店を開けることもなく、妻の乃梨子(藤田瞳子)をキャバクラで働かせていたという。

真澄(原沙知絵)の司法解剖で刺し傷が8箇所もあることがわかった。遺体に火をつけるなど、犯人は被害者に対して強い憎しみを抱いていたのか、もしくは仕返しを恐れて息の根を止めようとしたのか? 青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)の調べによると、長峰の妻・乃梨子はキャバクラ勤めを強制されただけでなく、暴力までふるわれていたという。そんな生活に耐えかねた乃梨子はついに逃亡、宗教団体が運営する救済施設に逃げ込んだらしい。

男子禁制の施設を調べるため、志保(羽田美智子)は嫌がる村瀬(津田寛治)に顔を殴ってもらいDV被害者を装い施設へと潜入する。乃梨子に近づくことに成功した志保だったが、施設を管理するアイリスと名乗る女性(七瀬なつみ)に怪しまれる。志保は身分を明らかにしたうえで施設にやってきた目的を告げると、アイリスは乃梨子は事件当夜、隣のベッドで寝ていたとアリバイを主張する。

施設を出た乃梨子に近づいた青柳らは、事件当夜施設から出てくる人間がいたという目撃証言をぶつけて揺さぶりをかける。私はずっと施設にいたと言い張る乃梨子だが、どこか様子がおどおどしている。青柳らはそんな乃梨子に不審を抱き…。

長峰の奇妙な刺青を調べていた直樹(井ノ原快彦)は、長峰が20年前に起きた強盗殺人事件の犯人である可能性を見つけた。この事件で犯人は夫を殺害、妻に重傷を負わせて逃亡。現在も未解決のままとなっている。その被害者の妻・綾芽がアイリスであることがわかった。綾芽が夫を殺害した長峰を見つけ出し復讐したのか? 志保と村瀬はアイリスこと綾芽から20年前の事件について話を聞くのだが…。

※番組情報 『警視庁捜査一課9係』最終話
2017年6月7日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1