テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『関ジャム』で疑問解決!マイクチェックで「ツェ・ハッ」を使う理由

音楽マニアも思わずうなるような切り口で、一歩突っ込んだ音楽の知識や特定のアーティストのテクニックなどを毎回紹介する音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』

6月4日(日)に放送される同番組では、視聴者から寄せられた音楽の疑問に音楽業界のプロが回答する企画が放送される。

©テレビ朝日

同番組では、視聴者から音楽への素朴な疑問を募集。その結果、初歩的なものからコアなものまで多種多様な疑問が寄せられた。

これら疑問に答えるため、小室サウンドで90年代を席巻した小室哲哉、卓越した歌唱力とダンスを誇り“和製マイケル・ジャクソン”とも称される三浦大知、さらに、いとうせいこう・本間昭光・小野良行(サウンドエンジニア)という豪華な面々がスタジオに集結。視聴者のために、超貴重な音楽レクチャーを展開する。

 

◆確かに気になる疑問の数々!

彼らが今回答えるのは、

「ダンスの“キレがある”って実際どういうことなの? どうやってキレを出すの?」
「アーティストがライブで耳につけている“イヤモニ”では何を聴いているの?」
「小室哲哉が天才的と言われるほど特徴的な“転調”にはどんな効果があるの?」
「渋谷系とは?」
「マイクチェックで使うツェ・ハッという独特な言葉を使う理由は?」
「Aメロ・Bメロ・サビの曲構成って何?」

といった、なかなか他人には聞けないけれど確かに気になる疑問の数々。ゲストの滝沢カレンからオトボケ回答も出てしまうような専門的でコアな疑問に対しても、思わず膝を打つような解説を展開する。

 

◆小室哲哉と三浦大知がスタジオで即興セッション!

ぜいたくな講義はまだまだ続き、小室は自身の代名詞であるシンセサイザーを駆使し、TM NETWORKの名曲『Get Wild』などを例に挙げながら、J-POPの曲構成が現在の形になった理由を解説。三浦も、即興でキレキレのダンスの秘密を解説してくれる。

さらに、『関ジャム』だからこそ実現した“極上の化学反応”も! なんと、小室と三浦がシンセサイザーとダンスで即興セッションを披露してくれる。

音楽ファンにはたまらない超一流の即興セッションは必見だ!

また、番組恒例のジャムセッションでは、小室と関ジャニ∞バンドが『Get Wild』で競演

今回は、渋谷すばるがボーカル、錦戸亮がギター&コーラス、丸山隆平がベース&コーラスを担当。そして、小室と村上信五がダブルでキーボードを演奏する!

小室と村上が一緒にキーボードを演奏するのは今回が初。果たして、2人が紡ぎ出す音色はどんな融合を遂げるのか?

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2017年6月4日(日)午後11時10分~深夜0時5分、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1