テレ朝POST http://post.tv-asahi.co.jp テレ朝POSTは、テレビ朝日が持つ情報力、ネットワーク力にWEBメディアの機動力をもって"次"のエンタメを先回りするメディアです。 Mon, 26 Jun 2017 23:00:00 +0900 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.2 http://post-img.tv-asahi.co.jp/wp-content/uploads/2017/06/tv_asahi.png テレ朝POST http://post.tv-asahi.co.jp 32 32 サンシャイン池崎、インドでのサバイバル体験明かす!「変な井戸水、飲んだ」 http://post.tv-asahi.co.jp/post-13308/ Tue, 27 Jun 2017 07:00:19 +0900 くりぃむしちゅーが「芸能人チーム」、林修が「知識人チーム」のリーダーを務め、壮絶な早押し合戦を繰り広げてきた『超クイズサバイバー』(テレビ朝日系)。

6月28日(水)から放送される同番組では、全面リニューアルにより進化を遂げたくりぃむしちゅー率いる新生「芸能人チーム」に、空前絶後のピン芸人ことサンシャイン池崎が初参戦する。

©テレビ朝日

同じ「芸能人チーム」のメンバーとして出演したUZIやKダブシャインと即席タッグを組むなど、トークで見せ場を作ったサンシャイン池崎。はたして、本題のクイズでは歓喜の雄叫びを上げることができるのか?

 

◆サンシャイン池崎のコメント

Q.クイズサバイバー初出演の印象は?

池崎:楽しかったです…けど、いろいろ考えたので脳が疲れました。人数も多いし、本当にサバイバーでしたね。僕は、あまりクイズ番組に出たことがないので、楽しもうという気持ちもあったんですが、甘かったですね。まさかKダブさんに助けられるとは(笑)。でも、最後まで一体感があって楽しかったです。

Q.得意な科目は?

池崎:ひらめき系のクイズ。漫画も好きなのでそういう問題があれば強いです。

Q.敵チームの印象は?

池崎:クイズ王さんは、とにかくボタンを押すのが早い。分からなくても押すくらいの勇気をもって戦わないとダメだということがわかりました。

Q.これまでのサバイバルな体験は?

池崎:『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』での体験かな。インドの山奥で2週間のテント生活を送ったのはつらかった。トイレも風呂もない。最後には水もなくなって変な井戸水を飲みました。あとは、池の上で1週間生活したのもつらかった。全部テレ朝ですね(笑)。

]]>
投稿
まゆゆが見せる爽やか昼間デートスタイル!公園デートは“膝下丈”が上品! http://post.tv-asahi.co.jp/post-13292/ Tue, 27 Jun 2017 08:00:00 +0900 “まゆゆ”こと渡辺麻友が主演を務める異色の純愛コメディードラマ『サヨナラ、えなりくん』

©テレビ朝日

渡辺演じる主人公・桐山さおりは、過去にさまざまな恋愛遍歴があったものの、現在は“純愛”を求めて奔走する25歳の女性という役どころだ。

理想の相手を探して婚活に精を出しているため、毎回お目当ての相手のタイプに合わせて男性ウケの良い“モテ”ファッションを披露している。

6月25日(日)に放送された第9話では、いつも残念なオトコたちに潜んでいる化身“えなりくん”に顔がそっくりな警察官と接近! 純粋で誠実な彼との公園デートでさおりが選んだコーディネートを見ていこう。

 

◆さわやかツートンコーデ

恋愛経験の少ない彼との初デートでは、主張しすぎないさわやか清楚コーデを披露!

©テレビ朝日

©テレビ朝日

全身はブルーとイエローのツートンカラーでまとめつつ、左右で違う袖口の配色&不揃いボタンのカーディガンをさりげなく取り込んでいるところがオシャレ!

©テレビ朝日

©テレビ朝日

刺繍のあしらわれた襟とパールアイテム、そして無造作風ハーフアップで上品な顔周りに! べっ甲柄のマジェステが可憐なイメージに一役買っている。

©テレビ朝日

足元は黒のエナメルシューズをチョイス。透け感のあるソックスを合わせることで、重くならないよう調節しているところはさすがだ! 純粋さ、清楚さの中に遊び心が垣間見える。

 

◆お花の刺繍素材で可憐に!

一方、2回目の公園デートはこんなスタイルで登場。

©テレビ朝日

襟元のチロリアンテープや、スカートのウエストに施された花の刺繍がかわいらしい女性らしいコーディネート。これも、純粋で誠実な男性にはピッタリだ!

©テレビ朝日

少し広めのネックラインからは、花刺繍のストラップを覗かせてフェミニン度アップ!

©テレビ朝日

©テレビ朝日

バッグやシューズはタッセルのついたレザー素材のものをチョイス。さわやかなコーディネートを程よく引き締めてくれている。

©テレビ朝日

そして、ヘアメイクはごくごくシンプルに。そうすることでより一層、襟元の花柄が引き立ってナチュラルかわいい!

この2つのコーディネートのように、公園デートでは膝下丈のスカートをチョイスすると、ベンチに座ったときも膝小僧が見えず、可憐で上品な印象を与えられる。

お昼の公園デートのご参考に!

◇◇◇

第9話では、「今度こそは純愛」と思ったが結局うまくいかなかったさおり…。そして、次回はついに最終話。さおりは理想の彼に巡り合うことができるのか…? 最後まで見逃せない!

]]>
投稿
“美のカリスマ”の「スーパーフード弁当」登場!キヌアやヤーコンもIN! http://post.tv-asahi.co.jp/post-13269/ Mon, 26 Jun 2017 18:30:36 +0900 テレビ朝日で毎週土曜日の午後4時25分から放送している『おべんとレター。』は、さまざまな出演者が仲の良い有名人のためにお弁当をつくり届ける番組。

6月24日に放送された同番組では、数々の著名人を顧客にもつパーソナル・トレーナー、池澤智さんが、2015ミス・ユニバース日本代表の宮本エリアナさんにお弁当を届けました。

©おべんとレター

同年のミス・ユニバースの世界大会で第6位に輝いた宮本エリアナさん。池澤さんは、天真爛漫で、“美のカリスマ”とも言われている彼女のために、カラダの中から美しくなるような「スーパーフード弁当」をつくりました。

©おべんとレター

入れられているのは、ビタミン豊富なアボカドから、“キヌア”や“ヤーコン”といった話題のスーパーフードばかり

©おべんとレター

©おべんとレター

そうして出来上がったお弁当が、こちらです! 題して、「見た目も中身もキレイにね!これぞビューティ弁当」

©おべんとレター

メニューは、こちら!

・アボカドとキヌアのミックスビーンズサラダ
・チキンハンバーグ
・ヤーコンの豆乳マヨネーズサラダ
・ビーツのマリネとトマトのサラダ
・玄米、チアシード、雑穀米のおにぎり
・殻付きアーモンド、ジャングルピーナッツ

まさに、食べるだけでカラダの内側から美しくなるようなスーパーフード弁当ですね。

©おべんとレター

受け取ったエリアナさんは、まず池澤さんがお弁当をつくってくれたことに驚き。「めっちゃ家庭的ですね!(池澤さんは)サバサバしてるかっこいい女性なので、(お弁当を)つくるイメージなかったです。愛情を感じます」と嬉しそうにコメントします。

©おべんとレター

そして食べると、「美味しいし、ヘルシー!太らなそうだ、全然飽きないですね」と感想を話していました。

]]>
投稿
新海誠監督特集、第2弾決定!『言の葉の庭』&『雲のむこう、約束の場所』を放送 http://post.tv-asahi.co.jp/post-13256/ Mon, 26 Jun 2017 16:00:58 +0900 今年2017年で監督デビュー15周年を迎える新海誠監督。それを記念し、15年の軌跡を振り返り作品の魅力に迫る「新海誠展」が開催されるなど、いま日本で最も注目されるクリエイターのひとりだ。

2016年8月26日に公開され、興行収入249億円突破(2017年6月/11時点・興行通信社調べ)という日本映画史上歴代2位となる記録を打ち立て全世界で大ヒットした長編アニメーション映画『君の名は。』のBlu-ray&DVDも、7月26日(水)に発売されることになっている。

2017年もその世界観でますます人々を魅了し続ける新海誠ワールド。そこでテレビ朝日では、“新海誠特集 第2弾”を放送することが決定した。

新海監督の作品『言の葉の庭』(2013年公開)を7月8日(土)に、『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)を7月28日(金)に、ともに“本編ノーカット版”で放送する。

風景描写の緻密さや美しさ、すれ違う男女の物語を題材にリアリティのある心情を描写することで定評のある新海監督。「新海誠展」を訪れる前に、そして映画『君の名は。』のBlu-ray&DVD発売を前に、いま一度新海監督の世界を堪能できるチャンスだ。

 

◆映画『言の葉の庭』

©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

 

2013年公開。新海監督が原作・脚本・監督を手がけた、男子高校生・タカオと年上の女性・ユキノの淡い“孤悲(こい)”の物語。

(あらすじ)
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。

居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。

 

◆映画『雲のむこう、約束の場所』

©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

2004年公開。戦後、北海道が分断統治された架空の世界を舞台に、眠り続ける謎の病にかかってしまったヒロインと、憧れの彼女を救おうと奮闘する二人の少年を描いた物語。『ほしのこえ』に続く、新海監督2作目の劇場アニメーション映画。

(あらすじ)
日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。青森の少年・ヒロキとタクヤは、ユニオン占領下の北海道にそびえる謎の巨大な「塔」まで飛ぼうと、自力で小型飛行機“ヴェラシーラ”を組み立てていた。二人は憧れの少女・サユリとある約束をするが、中学三年の夏、サユリは突然転校してしまう。

3年後、ヒロキはサユリがあの夏からずっと原因不明の病により眠り続けたままなのだということを知る。サユリを永遠の眠りから救おうと決意し、タクヤに協力を求めるヒロキだったが…。

 

]]>
投稿
西郷輝彦、50歳の時に生まれた末娘と共演!サプライズの手紙に涙…! http://post.tv-asahi.co.jp/post-13247/ Mon, 26 Jun 2017 17:30:02 +0900 6月27日(火)に放送される『徹子の部屋』に、西郷輝彦と、50歳の時に誕生した娘の今川宇宙が登場する。

「この子が20歳まで生きていられるか」と言っていた西郷。そのお嬢さんが20歳となり、感動の共演だ!

©テレビ朝日

西郷は17歳で歌手デビュー。橋幸夫、舟木一夫と共に「御三家」として大人気となった。現在も歌手、そして俳優として活躍を続け、今年の2月で70歳になった。

プライベートでは遡ること27年前、19歳年下の女性と再婚し3人の娘が誕生。その末娘で20歳になった今川宇宙は、現在、女優・アーティスト・歌手として活動中だ。天真爛漫だが、頑固な部分もあるという宇宙。そんな彼女に、若き日の父が『徹子の部屋』に初登場した36歳当時の“お宝映像”を披露

一体、どんな反応を示すのか…?

©テレビ朝日

現在、長女は26歳、次女は24歳になり、とっても賑やかだが、いま「お父さん」の心配は娘たちのボーイフレンドの存在! “彼氏が挨拶に来る日”を想像すると…?!

溺愛する娘との共演で、かなり緊張気味の西郷。そんな父へ宇宙が「感謝の手紙」でサプライズ! 読み始めると、その目には…。

]]>
投稿
ツリーハウスや貸切テントが素敵!JR千葉駅から徒歩9分の「椿森コムナ」 http://post.tv-asahi.co.jp/post-13235/ Mon, 26 Jun 2017 12:02:36 +0900 6月26日(月)に放送されたテレビ朝日の朝の情報番組『グッド!モーニング』では、気象予報士の依田司さんが、千葉・千葉市にある「椿森コムナ」よりお天気をリポートしました。

©グッド!モーニング

こちらは首都圏では珍しい「ツリーハウスのある森カフェ」です。椿森コムナのツリーハウスは、高さ10m近い「カシの木」と「イチョウの木」を利用して作られた本格的なもの。その道のプロが手掛けたもので、実際に上ることができます。思いっきり遊んで疲れたら、ハンモックでくつろぐこともできます。

©グッド!モーニング

現在は、「傘の森」という梅雨限定のアートプロジェクトが開催中で、椿森コムナの空中を100本のカラフルなビニール傘が埋め尽くしています! 期間を分けてイメージカラーが変わるそうで、7月6日(木)までは「Rainy(雨)」をイメージした青・紫・緑の寒色系カラーの傘が飾られています。

©グッド!モーニング

©グッド!モーニング

エリア内には日替わりでいろいろな飲食店や雑貨ショップが出店していますが、常設のカフェ「銀色のカフェ バンビ」では、おいしいハンバーガーやアイスプレートが人気だそう。

©グッド!モーニング

また、実はツリーハウスに負けないほどの人気を誇っているのが、常設されている「貸切テント」! スタイリッシュな外観と高い居住性が評判を呼び、女子会の会場に利用される方も多いのだとか。

手軽に非日常なアウトドア気分が味わえる「椿森コムナ」、ぜひ訪れてみてはいかが?

]]>
投稿
Qさま初登場の気象予報士・森朗、連覇を狙う石原良純を抑えて優勝なるか?! http://post.tv-asahi.co.jp/post-13227/ Mon, 26 Jun 2017 12:30:29 +0900 6月26日(月)に放送される『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』は、最新ニュースから旬の食べ物まで、「7月に知っておきたい問題」で学力王No.1を決定する。

©テレビ朝日

「6月に知っておきたい問題」では石原良純が激戦を制して優勝。6、7月と連覇なるか注目だ。

そのほか出場者はカズレーザー伊集院光、情報番組のコメンテーターも務める村井美樹など「Qさま!!」常連組に加え、長年ニュース番組を担当してきた知識で勝負する草野満代、昨年のミス東大・篠原梨菜、「ワイド!スクランブル」でメインキャスターを担当する大下容子アナと小木逸平アナ。

「7月に知っておきたい問題」で力を発揮しそうなメンバーが勢ぞろいする。

さらに、気象予報士・森朗が初出場。クイズ番組はもちろんバラエティーも初出演と緊張気味の森、初出場で初優勝の偉業達成なるか?

©テレビ朝日

オープニングは、漢字検定に出題された「漢字の読み問題」を連続30問出題する「オープニング階段クイズ!段段難しくなる30問連続チャレンジ」。

そして本戦では、最新ニュースのほか旬の食べ物や夏の気象に関する問題など「7月に知っておきたい問題」を中心に18問を出題する。

7月を前にどんな「知っておきたい問題」が登場するのか。見れば夏本番を前に役立つ知恵もゲット! そして、レベルの高い戦いを制し学力王に輝くのは一体…?!

]]>
投稿
Mr.マリック先生、家庭崩壊の経験を涙で語る「家庭より大切な仕事はない」 http://post.tv-asahi.co.jp/post-13206/ Mon, 26 Jun 2017 06:00:12 +0900 過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”が、「自分のような人間を増やすまい!」という熱意とともに自身のしくじった経験を教える反面教師バラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)。

©テレビ朝日

6月25日(日)に放送された同番組には、“超魔術師”として知られるMr.マリック先生とヒップホップ歌手の娘・LUNA先生が親子で登壇。「修復不可能なくらいまで家庭崩壊しちゃった先生」として、“仕事を優先し過ぎて家庭を崩壊させないための授業”をふたりで行った。

 

◆ここに立っていることは「奇跡」

過去2回、『しくじり先生』に登場しているMr.マリック。授業のための打ち合わせを重ねるたび、“家庭崩壊”を引き起こした自らの過去のしくじりを語りたいという使命感がわいたという。そうして実現したのが、今回の“親子先生”による授業だ

©テレビ朝日

Mr.マリックは、仕事の忙しさにかまけて家庭のことを何ひとつせず、それによって家庭崩壊を引き起こした。長女のLUNAはグレにグレて家出を連発、長男は毎日部屋にこもってゲーム三昧、夫婦のコミュニケーションはゼロ…そして、Mr.マリック自身は仕事と家庭のストレスから顔面麻痺になってしまったという。

「いまこの場にふたりで立っていることは、“ハンドパワー”以上のミラクル」と語ったMr.マリックとLUNA。一体、この家族にどんな過去があったのか?

 

◆家でも“Mr.マリックの衣装”の生活

Mr.マリックが初めて全国ネットのテレビ番組に出たのは、1988年、39歳のときのことで、LUNAはこの頃8歳の小学生だった。当時披露した「スプーン曲げ」などの“超魔術”はとてつもない反響を巻き起こし、マリックは「これで一生食べていける」と感じたという。

しかし、ここからMr.マリックの家庭は崩壊していくことになる。

番組でマリックが語った“家庭崩壊を引き起こす親の3つの特徴”は、「仕事と家庭のONとOFFがない」、「子育てを妻に丸投げする」、「大事な時に叱れない」というもの。

マリックはこの頃、家にいるときも食事しているときもマジックのことばかりを考えており、家族とはほとんど会話せず、さらに家の中でも常に“Mr.マリックの衣装”で生活していた。

つまり、仕事と家庭の切り替えがまったくできておらず、そんなマリックにLUNAは、「なんじゃこいつ、気持ちワルッ!」という感情を抱いていたという。そうして、小学3年生の頃には父・マリックに話しかけるのをやめたそうだ

 

◆「誕生日って言われてもわかんない」

こうして家庭環境が悪くなる一方、仕事は絶好調。ゴールデンタイムにマリックが主役の特番が次々放送され、「きてます」「ハンドパワー」などの流行語も生み出した。

しかし、その頃マリックは、「金さえ稼いでいれば文句ないだろ!」という気持ちで子育てをすべて妻に丸投げ。授業参観や運動会には1回も行ったことがなく、子どもに勉強を教えたことも一緒に旅行したことも公園で遊んだことも、1回もなかったという。

そしてさらに、“とんでもない事件”が起こる。

当時マリック家には家族共用のスーツケースがあったそうだが、マリックがこのスーツケースの鍵の暗証番号がわからずに開けられないでいると、「暗証番号はLUNAの誕生日だよ」と家族から教えられたそう。

このときマリックは、「(LUNAの)誕生日って言われてもわかんないよ」と言い放ったという…。

このエピソードには、スタジオの生徒たちも驚愕していた。

 

◆「娘さんの退学が決定しました」

そんな当時、LUNAは学校で「Mr.マリックの娘」としてイジられ“まくる”日々を過ごしていた。

休み時間には「ハンドパワー見せてよ」、給食のときには「スプーン曲げてよ」、朝の出欠をとるときには「(学校に)“きてます”」…このように朝からずっとイジられるなかでストレスを抱えていたというLUNAだが、マリックからときたま「勉強どう?」「学校はどう?」と聞かれると、「大丈夫」としか答えなかったそうだ。

ふたりは当時を振り返り、この「大丈夫」という言葉は、子どもがグレてしまう前の“SOS”サインだと語る。

これは、親に何か言っても意味がないと思って発している一言であり、結果的にストレスをひとりで抱えていってしまうだけなのだが、マリックはこの「大丈夫」を言葉の通りに受け取ることで見落としていたそうだ。

そうして、マリックがLUNAのことを手のかからない良い子だと思っていたなか、ある日突然、LUNAの通う中学校から衝撃の連絡がきた。それは、「娘さんの退学が決定しました」というものだった。

 

◆大事なときに叱ることができなかった

LUNAの通っていた中学は私立校だったため、義務教育でも退学処置があり、マリックの知らないところでほぼ全ての校則を破る行いをしていたLUNAは、退学になってしまったのだ。

学校に呼び出されて初めてLUNAが“グレている”ことを知ったマリック…。LUNAは当時、警察に20回補導されるほどの荒れた生活を送っており、マリックの妻は何度も方々へ呼び出されていたが、マリックにはそのことを言えなかった。

そして、この大事なときにマリックは、LUNAのことを一切叱ることができなかったという。日頃コミュニケーションがなかったため、とことん娘とぶつかる勇気がもてなかったそうだ。この“叱れなかった”ことが、家庭崩壊の決定的な引き金となる…。

マリックは、「気をつけよう!子どもは急に叱れない」と、このときの教訓を語った。

 

◆初めて大声で叱りつけた

荒れる娘、キャパオーバーになってしまった妻、そして、家の問題と「仕事激減」という二重のストレスを抱えることになったマリック…。そうして家庭は崩壊し、ストレスに耐えられなくなったマリックは、顔面麻痺になってしまった。

ここでマリックは、「私は一体何をしていたんだ」という気持ちになったという。そして、初めて父親らしく、LUNAを更生させることを考え始めた。

そのためにまず、「娘が本気でやりたい好きなことをやらせよう」と決め、初めて膝と膝を突き合わせてLUNAと話し、娘が将来やりたいことを聞いた。

ここでLUNAは、「イルカの調教師かサーファーかボディボードの選手かウェイクボードの選手」と答えたそうだが、これは全てその場しのぎで適当に言った嘘。この答えを信じ、実現させるために奔走したマリックは、嘘だとわかったときに初めて大声で叱りつけたという

LUNAは、このときに言われた「ダラダラしてないで何か夢を見つけろ!」という叱りの言葉から父の愛情を感じ、今までにない感情が芽生えたと振り返る。さらに、「このままではダメだ、変わりたい」という気持ちになり、その後時間を経て、父に「私音楽をやりたい」「NYへ音楽留学させてほしい」と初めて頭を下げることになった。

 

◆Mr.マリック先生、号泣!

番組では音楽留学のあいだの実際の映像が流れたが、マリックは当時、このビデオカメラ映像の中でイキイキとゴスペルを歌うLUNAの姿に驚いたという。

そして、番組の中であらためてLUNAから、「父からもらった“家族愛”のパワーは、あんなにもグレていた私を動かした。そのパワーは、ハンドパワーよりすごいと思います。グレて迷惑をかけてすみませんでした。本当に感謝しています。パパありがとう」と言われると、マリックは号泣。

「こんな言葉が聞ける日がくると思わなかった」「あのグレていた娘が、本当に頑張ったと思う」としながら、仕事を優先し過ぎて家庭を顧みていない人に向けて、「家庭より大切な仕事はない」という教訓のメッセージを送った。

現在は、長男のところに孫が3人生まれ、LUNAも音楽活動に励み、家族みな仲良く幸せだというマリックの一家。最後にマリックが披露した、バラバラになった家族が元に戻ることを表現した特別なマジックは、スタジオを大きな感動に包んでいた。

 

]]>
投稿
カミナリ、大物ラッパーに感謝されるも、感謝理由の間違い指摘できず http://post.tv-asahi.co.jp/post-13184/ Mon, 26 Jun 2017 07:00:13 +0900 くりぃむしちゅーが「芸能人チーム」、林修が「知識人チーム」のリーダーを務め、壮絶な早押し合戦を繰り広げてきた『超クイズサバイバー』(テレビ朝日系)。

6月28日(水)に放送される同番組では、全面リニューアルにより進化を遂げたくりぃむしちゅー率いる新生「芸能人チーム」に、茨城弁の掛け合いと“どつき漫才”で人気急上昇中のお笑いコンビ「カミナリ」が初参戦する!

©テレビ朝日

中退ながら早稲田大学政治経済学部に進学した経歴を生かし“高学歴芸人”としてクイズ番組にも多数出演している竹内まなぶと、ひらめき系のクイズには自信があるという石田たくみ。

ふたりは、60人が一斉に早押しに挑むサバイバーでも、漫才同様の勢いを見せることができるのか?

 

◆カミナリのコメント

――クイズサバイバー初出演の印象は?

竹内:楽しいし、勉強になるし、あと芸能人慣れしますね(笑)

石田:普段、お笑い以外のジャンルの方と一緒になることがあまりないので。

竹内:僕らラップが大好きなんですけど、今日やっとUZIさんとちゃんとしゃべることができました。

石田:UZIさんも僕らがラップ好きというのを知っていてくれて、「KAMINARI‐KAZOKU.」(カミナリカゾク)というUZIさんが関わっていたヒップホップ・グループがあるんですけど、そこから僕らのコンビ名が付けられたと思われたみたいで、「ありがとう」って言ってくれたんです。正直言うと、カミナリはまなぶくんのお母さんが決めてくれたんですよね。UZIさんの喜びの圧が強かったので、言えませんでした(笑)

――番組への意気込みは?

竹内:僕はこれまで、早稲田大学中退なのに“高学歴芸人”ということでいろんなクイズ番組に呼んでもらっているんですけど、期待に応えられない結果が続いているので、「今日こそは!」との意気込みで臨みました。

石田:まなぶくんが1問ごとに、「そっちか…」とか「これだったらわかっていたのに…」とか、小さい声で言い訳しているのが聞こえてきたので、これはいつか正解するなという期待のもと、その時が来たらいつものように頭叩いて、「今夜は赤飯だな!」というコメントを準備していました。

――得意なクイズの種類や科目は?

石田:ひらめき系のクイズは自信があります。今日の問題も例題はすごくよく分かりました。でも、本題では「急にレベルがあがったな」という感じでした。

竹内:僕は、政治経済が得意で、大学受験当時は全国模試でトップ10に入っていたこともあるんですが、政治経済ってどんどん移ろっていくんですよね。だから新たに勉強しないとダメですね。

このように語るふたりがどんな活躍を見せるのか、注目だ!

]]>
投稿
長山藍子、15歳下の夫と手つなぎ登場!結婚20周年で今でもラブラブ http://post.tv-asahi.co.jp/post-13179/ Sun, 25 Jun 2017 20:00:39 +0900 6月26日(月)に放送される『徹子の部屋』に、女優の長山藍子が15歳年下の夫、俳優の武正忠明とともに夫婦で登場する。夫婦でトーク番組に出るのは初めてのことだ。

©テレビ朝日

結婚当時は、歳下婚の“ハシリ”として大きな話題となったふたりだが、今年でもう結婚20周年。番組オープニングでは手をつないで現れ、出会いから今のお互いへの思いなど、すべてを赤裸々に語る

©テレビ朝日

長山の父は45歳、母は50歳で亡くなっているというが、その両親の年齢を超えてから武正にめぐりあえたという長山。「まさかこの歳で結婚するとは…」と自分たちでも驚きの結婚に至った“道のり”も告白する。「いつ、ビビビと来たの?」と黒柳も興味しんしんだ

また、今でもラブラブなふたりの日常も、貴重なプライベート写真とともに紹介される。

]]>
投稿